QUOTATION

西岡ペンシルによる作品展「Grateful ~花か髑髏か~展」

西岡ペンシルによる作品展「Grateful ~花か髑髏か~展」が、2022年6月3日(金)から6月13日(月)までの期間、ギャラリーAL(東京/恵比寿)にて開催される。

西岡ペンシルは、数多くの広告やロゴマークの制作で知られるクリエイター。和様の美から受ける刺激を、グラフィックデザインやアートとして表現し独自に文様を創作している。これまでに、和様とポップなパターンが効いた私立恵比寿中学のアートワークや、海外市場向けプロダクトデザイン、着物屋KAPUKIとのコラボレーションなど、ユニークな表現活動でも注目を集めてきた。

本展は、西岡ペンシルにとって約3年ぶりとなる個展「。生と死」をテーマに花と髑髏などの文様作品が並ぶ。また、京都の工房・職人とのコラボレーションによって制作された、引き摺りと振袖も展示。

これまで制作し続けてきた文様作品に加えて、友禅の新たな魅力を作り出すことにも挑戦している。私立恵比寿中学のメンバーやダンサーのアオイヤマダをモデルに起用した「現世美人画」シリーズも展示する他、アートワークやドローイングなど、大小20点あまりを展示・販売。オリジナルデザインのTシャツ、タイツ、スカーフ、京友禅の老舗による型染めの浴衣なども販売。

 

■西岡ペンシル Grateful ~花か髑髏か~ 展
会期 : 2022年6月3日(金)から6月13日(月) ※会期中は無休
開館時間 : 12:00 ~ 19:00 ※最終日のみ~ 18:00
入場無料
会場 : ギャラリー AL (住所:東京都渋谷区恵比寿南 3-7-17)  http://www.al-tokyo.jp/

 

■プロフィール

西岡ペンシル / 金沢美術工芸大学商業デザイン科視覚デザイン専攻卒。株式会社電通にて数々の広告,キャンペーンを手がけた後、2006年株式会社 西岡ペンシルを設立。企業の広告やキャンペーン、ブランディング、ロゴデザインからテキスタイルデザインまで様々な分野のデザインを手がけている。鳥瞰図師の祖父、京友禅悉皆屋の家に生まれたルーツを持ち、和様の美から受ける刺激・素養をグラフィックデザインやアートの思想に生かした作品を多数

 

 

 

 

 

May 27,2022

[quads id=1]