QUOTATION

ファッションブランド「YANTOR」、「THAI BIENNALE KORAT 2021」と「東京ドキュメンタリー映画祭」に参加

「SITUATIONS」をコンセプトに、コレクションを展開するファッションブランドYANTORが、2022年3月31日までの間、タイのコラットエリアで行われる国際ビエンナーレ“Thailand Biennnale Korat 2021”に招待作家として参加中だ。

2回目となるタイビエンナーレは、長谷川祐子を芸術監督に迎え、『Butterflies Frolicking on the Mud: Engendering Sensible Capital』をテーマに開催。世界26ヶ国から54のアーティストが参加する。

YANTORは、コロナ禍において、タイシルクを養蚕から行い、パー・シンと呼ばれる民族衣装を作っているタイの村と、郵送のみでやり取りしながら、使い終わった実際の民族衣装を素材にした1点物のコレクションを発表する。ブランド側は、現地写真などを記録し、いずれは日本での公開も視野に入れていると述べている。

本展は他にも世界的なアーティストのオラファー・エリアソンや、建築家の石上純也、田根剛、写真家の川内倫子、舞踊家の田中泯なども参加する。

YANTORは、その他にも17日(金)には、新宿K’s Cinemaで開催中の東京ドキュメンタリー映画祭にも作品を出展。映像作家の小谷野 五王氏が映像制作を担当した、2020SS collectioin“I walk”のコレクションムービーが、11:30の回に上映される。

 

Thailand Biennnale Korat 2021

会期:2021.12.17 – 2022.3.31
作品名:YANTOR “village traces”
展示会場:Phimai National Museum(ピマーイ国立博物館)
OFFICIAL WEBSITE:http://thailandbiennale.org/?lang=en_US

 

 

 

 

 

 

 

December 16,2021

[quads id=1]