QUOTATION

レコード皿プロジェクト『PEOPLEAP』、13名のデザイナーにフィーチャリングした展示が開催

MIYASHITA PARKにあるキュレーション型店舗「EQUALAND SHIBUYA」にて、13名のデザイナーが参加した展示「PEOPLEAP “THE SWEETEST TABOO” POP UP EXHIBITION」が開催中。

PEOPLEAPとは、「日用品×デジタルコンテンツ」をテーマに、アートディレクターやファッションデザイナー、プロダクトデザイナー、プランナー、ミュージシャンからなるプロジェクト。「THE SWEETEST TABOO」Series では、PEOPLEAPがプレイリストレーベルとしての活動をスタートし、長崎県波佐見町の窯元「藍染窯(あいぜんがま)」製造によるレコード皿と岩㟢紙器製造によるボックスセットを展開。様々なフィールドから集結したクリエイターがプレイリストを制作し、そこからインスピレーションを受けたデザイナーがレコード皿の盤面をデザイン。裏面に印字されたQRコードによりストリーミングが可能だ。ブランド収益の全ては新型肺炎下において厳しい戦いを余儀なくされている生産者とプロジェクト参加クリエイターに分配される。

本展は、総勢65名のクリエーターが参加した「THE SWEETEST TABOO」 Seriesの全てのデザインが並ぶのに加え、参加デザイナーの13名にフィーチャリング。デザイナーのお皿の描き下ろし原画を含む貴重な作品の展示販売(一部展示のみ)に加え、ポストカードや手ぬぐいといったデザイナーグッズが販売される。

他にも、「EQUALAND SHIBUYA」と同じRAYARD MIYASHITA PARK South 3Fにあるレコードストア「Face Recrds」では、実際の7インチレコードを使った「フィジカルプレイリスト」の展示販売もおこなわれ、設置されたレコードプレイヤーによる視聴も可能。

またプレイリスターとしてプロジェクトに参加した、株式会社NOD代表で、建築ディレクターでもある溝端友輔らによる“循環型都市”を実現するプロジェクト「Recapture」から、“土に帰る家具”を展示内に設置される。来場者は実際に手に触れたり座ることも可能だ。

 

 

PEOPLEAP “THE SWEETEST TABOO” POP UP EXHIBITION

期間:10月8日(金)~10月20日(水)
場所:EQUALAND SHIBUYA (東京都渋谷区神宮前6丁目20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 3F)
時間:11:00~21:00

 

13名の参加デザイナー
サトウ アサミ / RYU MIENO /killdisco / KO-TA SHOUJI / 中山信一 / Wakai Haruka / WASHIO TOMOYUKI / MIZUKI / OT / nico ito / TSUTOMU ONO / SHUN SASAKI / Shoji Uchiyama(THE HAPPY DESIGN HOUSE)

 

 

 

October 15,2021

[quads id=1]