QUOTATION

スイス発の書籍や印刷物によるポップアップストア・展覧会「Swiss Books and printed matter」

スイスのグラフックデザイナー、ジル・ガビエがセレクトするスイスの書籍や印刷物の展示販売するポップアップストア・展覧会「Swiss Books and printed matter – Selected by Gilles Gavillet
」がプリントギャラリー にて開催される。

ジュネーブを拠点にグラフィックデザイナーとして国際的に活躍するジル・ガビエ。デザインスタジオGavillet & Cie のほか、タイプファウンドリーOptimoを運営する。そのガビエ⽒が中⼼となりセレクトされた、最近のスイスの グラフィックデザインを特徴づける書籍・冊⼦などのほか、ローザンヌ州⽴美術⼤学(ECAL)の発⾏物も販売予定のポップアップストア形式の展覧会。⼤いなるデザインの遺産を受け継ぎつつ、新たな⽅法論を模索する、現在進⾏形のスイスのグラフィクデザインの動向に着⽬したい。

 

9月15日にはトークイベントも開催される。

 

「Swiss Books and printed matter – Selected by Gilles Gavillet
」
販売展示:
2019年9月14日(土) から 23日(日)   [土日月(祝)のみの開催]
入場:無料
時間:土日祝 13:30から20:00      
休み 火水木金
会場:プリントギャラリー   東京都港区白金1-8-6 1F

トークイベント:
日時:2019年9月15日(日) 16:00–17:00
会場:プリントギャラリー
スイスのグラフィックデザイナーでECALの卒業生でもある
チビン・トリュー、蜂賀亨を交え、ジル・ガビエ選のスイスの本や印刷物に
ついての、ざっくばらんなトークイベントをおこないます。
料金:無料  どなたでも参加できます。

 

 

Gilles Gavillet(1973–)。
ジュネーブを拠点とするデザイナー、アートディレクター。1988年にタイプファウンドリーOptimo、2001年にはデザインスタジオGavillet &Cieを設立する。長期に渡る仕事として、現代美術に関する書籍の出版社 JRP|Ringier、ニューヨークのグッゲンハイム美術館の刊行物、アートバーゼルの カタログのほか、ヴヴェイのイェーニッシュ美術館 Musée Jenisch Veveyがある。ジュネーヴの近現代美術館 MAMCOではVIから書籍に至るまで、コミュニケーショに関わる全てのデザインを手掛けている。ローザンヌ州立美術学校 ECALでエディトリアルデザインを教えるほか、「スイスで最も美しい本」コンペの審査員長を務める。

 

関連サイト:
https://www.printgallerytokyo.com/ex-swiss-books.html
https://www.gavillet-cie.com/

後援:
スイス大使館
スイスへのとびら/Doors to Switzerland – Japan 2020

 

September 12,2019

[quads id=1]