QUOTATION

石川直樹によるレクチャーシリーズ「The Seven Continents」

TOO MUCH magazineと石川直樹が送るレクチャーシリーズ、The Seven Continentsが1月14日開催される。

2年ぶりとなる第14回目のテーマは「カンチェンジュンガ&アマダブラム」。
2018年4月、石川直樹はインドとネパールの国境近くにそびえ立つ世界で三番目に高いカンチェンジュンガ(8,586m)のベースキャンプに向かった。そして11月には同じくヒマラヤにあるアマダブラム(6,856m)に登頂。2015年のK2挑戦以降、久々のヒマラヤ遠征を終えた石川直樹が、今回の旅についてじっくりと語る。
また、イベントに合わせ、2015年にTOO MUCH Magazineより発行し品薄状態が続いていた「Naoki Ishikawa The Himalayas」を再編集、新装丁にて発売される。

 

石川直樹「The Seven Continents」
日程:2018年1月14日(月・祝)
時間:13:15 open / 14:00 start
会場:VACANT 2F(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
www.vacant.vc
入場料:¥1,500
主催:TOO MUCH Magazine、石川直樹
運営:大神崇

予約:https://www.vacant.vc/single-post/sevencontinents14

 

石川直樹
1977年東京生まれ。写真家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。写真集『CORONA』(青土社)により 第30回土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最新刊に、エッセイ『極北へ』(毎日新聞出版)、ヒマラヤの8000m 峰に焦点をあてた写真集シリーズの6冊目となる『AmaDablam』(SLANT)、1月12日から初台オペラシティにてはじまる個展のカタログでもある大冊『この星の光の地図を写す』(リトルモア)など。都道府県別47冊の写真集を刊行する『日本列島』プロジェクト(SUPER LABO×BEAMS)も進行中。
http://www.straightree.com/

 

TOO MUCH Magazine
東京発のインディペンデントマガジン。
美術、建築、ファッション、デザイン、都市論など独自の視点で編集され、国内外に多くのファンを持つ。
石川直樹氏とは長年にわたりトークイベント「The Seven Continents」を共催している。
https://www.toomuchmagazine.com/

 

 

 

 

 

 

December 28,2018