QUOTATION

大原大次郎・田中義久 二人展「大原の身体 田中の生態」

2019年1月11日(金)から2019年2月14日(木)までクリエイションギャラリーG8にて、大原大次郎・田中義久 二人展「大原の身体 田中の生態」が開催される。

田中義久がデザインしてきた本の生態を、 大原大次郎が描写。 本の肖像群と、 本に関わる出版社や印刷所などの制作環境を定点観測し、 そのリサーチプロセスを進行形で公開していく。
一方、 田中義久は大原大次郎の行為を収集。 山形、 徳島、 葉山など、 大原がレジデンスした先で採集してきたマテリアルの抽出や、 行為の中に内在する身体性を考察し、 変容させることで紙へと集約する。

同時代のデザイナーとしてキャリアを重ねてきた大原と田中が、お互いを研究対象の素材とし「身体」と「生態」という切り口をもとにそれぞれを解剖。 そのリサーチによって生み出された成果物とプロセスを展示する展覧会となる。

大原大次郎・田中義久 二人展 「大原の身体 田中の生態」
会期: 2019年1月11日(金)~2月14日(木)
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料
会場:クリエイションギャラリーG8  東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
http://rcc.recruit.co.jp/
主催:クリエイションギャラリーG8
協力:アワガミファクトリー、 株式会社八紘美術

 

■ オープニングパーティー
日時:2019年 1月11日(金) 7:00p.m.-8:30p.m.
会場:クリエイションギャラリーG8
*誰でも参加可能。

■トークショー
日時、 ゲスト等、 詳細が決まり次第、 ギャラリーWEBサイトにて告知
入場無料、 要予約、 予約はギャラリーWEBサイトにて

■関連イベント
会期中、 ギャラリーツアーなどの関連イベントを開催予定
日時、 ゲスト等、 詳細が決まり次第、 ギャラリーWEBサイトにて告知
入場無料、 要予約、 予約はギャラリーWEBサイトにて

■関連販売物
展覧会に関連して制作した書籍、 和紙を、 会場にて先行限定販売予定。
価格等、 詳細が決まり次第、 会場、 ギャラリーWEBサイトにて

 

 

大原大次郎 Daijiro Ohara
1978年神奈川県生まれ。 グラフィックデザイン、 展覧会、 ワークショップなどを通して、 言葉や文字の知覚を探るプロジェクトを多数展開する。 近年のプロジェクトには、 重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉、 ホンマタカシによる山岳写真と登山図を再構築したグラフィック連作〈稜線〉、 蓮沼執太、 イルリメと共に構成する音声記述パフォーマンス〈TypogRAPy〉、 YOUR SONG IS GOODの吉澤成友と展開する、 ライブプリントとドローイングによる入稿セッション〈New co.〉などがある。 受賞にJAGDA新人賞、 東京TDC賞。 oharadaijiro.com

 

田中義久 Yoshihisa Tanaka
1980年静岡県浜松市生まれ。 近年の仕事に東京都写真美術館をはじめとした文化施設のVI計画、 ブックショップ「POST」、 出版社「CASE」の共同経営、 「The Tokyo Art Book Fair」、 「アニシッシュ・カプーア IN 別府」、 「Takeo Paper Show」などのアートディレクションがある。 また、 飯田竜太(彫刻家)とのアーティストデュオ「Nerhol」としても活動し、 主な個展に「Index」Foam Photography Museum(オランダ)、 「Promenade」金沢21世紀美術館、 「Interview,Portrait,House and Room」Youngeun Museum Contemporary Art (韓国)などある。 nerhol.com

 

 

 

 

 

December 11,2018