QUOTATION

CAGE GALLERYにて、12月7日(木)から平山昌尚による「ま違いさがし」が開催中

 

12月7日(木)からCAGE GALLERYにて、平山昌尚による「ま違いさがし」が開催されている。平山昌尚はドローイングやパフォーマンス、アーティストブックの制作など、多岐にわたる活動を行っているアーティスト。

本展「ま違いさがし」では、見過ごしの対象となるウィンドウ・ギャラリーの性質と、違いを見過ごすゲーム性が同居する作品を展示している。

 

■展示詳細
平山昌尚「ま違いさがし」
会期: 2017年12月7日(木) – 2018年1月28日(日)
点灯時間: 11:00 – 20:00 会場: CAGE GALLERY
東京都渋谷区恵比寿2-16-8 1F
無休(年末年始を除く)
http://cagegallery.com

 

 

■作家プロフィール
平山昌尚
1976年神戸生まれ
http://www.himaa.cc/

主な個展
「Book Show」(Nieves、チューリヒ、2017 / ユトレヒト、東京、2017)
「絵」(Botao Gallery、名古屋、2017)
「Game」(TALION GALLERY、東京、2016)
「Art Show」(NADiff a/p/a/r/t、東京、2015)
「Solo Show」(CLEAR EDITION & GALLERY、東京、2013)
「Ghost」(Aperto / Co-produced with FRAC Languedoc-Roussillon、モンペリエ2013)
「Book and Work 2」(Printed Matter、ニューヨーク、2012)

主なグループ展
「#12 Post-Formalist Painting」(statements、東京、2017)
「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画」(ワタリウム美術館、東京、2017)
「Sylvanian Families Biennale 2017」(XYZ collective、東京、2017)
「よい子わるい子ふつうの子(あるいはヤンキー、モンキー、ドンキー?)」(TALION GALLERY、東京、2016)
「立体会議2015(哀愁のセレナーデ心を立体にする)」(アートラボはしもと、神奈川、2015)
「パープルーム大学物語」(アラタニウラノ、東京、2015)
「板と紙とケータイ電話」(MA2 Gallery、東京、2013)
「The Big Bang」オープニングパフォーマンス(Watermill Center、ニューヨーク、2012)

 

 

 

 

 

December 14,2017

[quads id=1]