QUOTATION

原宿の注目ショップ「XANADU TOKYO」オーナー・本橋達郎インタビュー

interview&text : Kennko Matsudaira

 

日本のファッションの中心地原宿に店舗を構えるセレクトショップ「XANADU TOKYO」。原宿駅から歩いて15分程のアパートの1室にこのショップは存在している。目を凝らして歩かなければ見つけることは難しいであろう場所にありながら、多くのファッションニスタから注目の眼差しを向けられているこのショップには、最近レディーガガも着用したことで知られる「Roggykei」、まだまだ知名度は低いながらも「Noir Fr」「Nyte」など、近未来的なデザインが魅力の洋服がびっしりと並んでいる。若手ブランドを中心にセレクトしている理由や、今後の東京のファッションについてオーナー・本橋達郎に話を聞いた。

 

 

 

 

■「XANADU TOKYO」のコンセプトを教えて下さい

日本人のデザイナーを中心に、モード、エレガント、フューチャリスティック、それでいて独自のクリエイションをもっているものをドレスアップスタイルで提案しています。

 

■なぜ、若手デザイナーばかりなのでしょうか?

作っているものはハイクオリティなのに若手だからと言う理由でなかなか他のショップには置いていないなと常日頃から感じていて、そこでXANADUならではの独自性を求めています。また、取り扱いをした当初は知名度の低いブランドでもXANADUを通じて知名度が高まったといった快感もあって、一緒に共に成長出来るのが楽しかったからです。

 

■つい先日の東京コレクションでDRESSCAMPのショーの前にXANADUさんもチームとして加わっているHAPPENINGというチームがショー会場をジャックしゲリラショーを行われたのですがその狙いとは?

スタイリストの伏見さんを中心に、資金力がない若手デザイナー達にクリエイションをぶつける場所を提供させてあげたっかった。そしてゆくゆくはシンガポールからオーストラリアを含めたアジア圏でアジアコレクションを開催するのが目標です。そのためにまずHAPPENINGの実店舗かプレスルームを作って東京の窓口になってあげる。デザイナー達のメリットになりうる、フラットな機関を作りたいと思っています。

 

■次回もゲリラショーを開催するのですか?

予定では行うつもりでいます。ただどのタイミングでやるのかは決まっていないです。今回のゲリラショーも本番直前まで場所が決まらずDRESSCAMPの岩谷さんのご行為で開催できたのでとても感謝しています。

 

■東京コレクションへの意見などお聞かせください

もう少し若手に対してサポートできるショー体制を整えていくべきだと思います。結局若手のデザイナーは資金力がないため東京コレクションに出すことができなくて国外で活躍の場を求めにいってしまいます。そうすると技術流出、逆輸入という流れになってきてしまう。その流れを変えるためにも国全体でサポートする事が必要になってくるのではないでしょうか。

 

■今後このショップはどうなっていきたいですか?

まだまだ小さな店舗ですが地盤を固めていき、やりたいことは常にあるので規模を大きくするのではなく内容を濃くしていくというのとデザイナーの知名度をあげ、その相乗効果で店舗の知名度UPしていく狙いがあります。それと自由にクリエーションを見せれる場所になりたいです。そして並行しながらHAPPENINGも続けていこうと思います。

 

■最後にあなたにとってファッションとは?

一番簡単で重要な自己表現です。

 

 

 

 

 

 

XANADU TOKYO
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-34-7 (PLAZA F4) 4F
電話番号:03-6459-2826
営業時間:13時~20時
定休日:木曜日
http://xanadutokyo.jp/

 

 

April 16,2014