QUOTATION

WATARU KOMACHI EXHIBITION“I Don’t Want To Grow Up”“Just Like Heaven”レポート

text, photo : daiki tajiri

 

 

「文化」という言葉はとてつもなく大きく漠然とした括りだが、芸術はそれ以上に様々なジャンルを自由自在にまとめ上げることが可能だ。東京・六本木にあるCLEAR EDITION & GALLERYにて2部構成で行われている、アーティスト小町渉による個展“I Don’t Want To Grow Up”と“Just Like Heaven”では、その芸術が持ち得る無限と言っていいほどの可能性を感じることができる。

 

東京に生まれ、コラージュ作品を中心にファッションブランドやミュージシャンなど様々な媒体とのコラボレーションをコンスタントに行い、国内外で高く評価されている小町渉による今展覧会は、アート/ファッション/写真/インテリア/デザインといった分野を自由に行き来し、その多岐に渡る手法や表現を続けるアーティストの様々な面をコンパイルそして連続して展示が続く、特別な機会となる。

 

4月6日(金)から 4月21日(土)まで行われた第一部“I Don’t Want To Grow Up”では、初期衝動を具現化した作品を、スペース全体を使ったインスタレーションで表現した。壁に直接スプレーで書かれたグラフィティや、作りかけなのか完成したものなのかわからないチラシや布の切れ端は、一見するとただゴチャゴチャした、整頓に欠けた空間にみえるかもしれない。しかし、置かれている、もしくは描かれている作品ひとつひとつにフォーカスを当てて鑑賞してみると、パワフルでありながら時たま皮肉めいたアーティストによるメッセージを感じ取ることができた。また、それらが重なり合い、集合することで、さらにそのメッセージは引き立ち、そのカオスな空間がアーティスト自身を表すひとつの作品のように解釈できた。

 

第二部の展示“Just Like Heaven”は、5月11日(金)- 5月26日(土)まで行われている。タイトルはアメリカの歌手ルイ・アームストロングの代表曲[what a wonderful world] よりインスパイアされたもので、当時の社会へのアイロニーを含む歌詞は、終結の見えないヴェトナム戦争、そしてその混沌とした世界に対して「なんて素晴らしい世界」という皮肉、しかし現実世界の悲惨な不幸が無くなった時に、皮肉ではなく言葉の通り世界の美しさが歌われている、というダブル・ミーニングが含まれている。第一部で表現されたカオスな空間を残しつつ、テキスタイルやインテリアでの表現が目立つ展示は、一定の初期衝動いわゆるパンクが過ぎ去った、似たようで似つかない新しい「美しい世界」が生まれているようにもみえる。

 

PUNK EXPRESSIONISMと名付けられたアーティストによるステートメントを読むと、誰もが経験してきた幼少期にある好奇心、そして果てしないイマジネーションの可能性と「芸術」が持ち得る、全てのジャンルを巻き込む力がほとんど等しく、それはとても尊く、ピュアでかけがえのないものなのだと感じる。

 

今展示からもその感覚は伝わってくる。自身の手を使い頭の中で生み出したイメージを形にする。それは、一つのものから空間に変わり、最終的にはその空間に足を踏み入れた他人の頭の中に侵入し、新たなイメージとして誕生する。その様にして追憶を繰り返し、我々は表現を続けていくのではないだろうか。

 

 

 

■小町渉 / WATARU KOMACHI
東京都出身
コラージュ作品がアート蒐集家としても著名な米俳優/映画監督「DENNIS HOPPER / デニス ホッパー」氏のコレクション作品となり、それを機に本格的にアーティト活動を開始。アパレルブランド「CHRISTOPHE LEMAIRE / クリストフ ルメール」とのコラボレーション展示をパリにて開催欧米にて高い評価を得る。
以降 パリ/セレクトショップ「coletteコレット」展示パリ/老舗デパート「Le Bon Marché / ル ボンマルシェ リーブ ゴーシュ」Collections Particulieres展に参加。ミュージシャン「BECK / ベック」ヨーロッパツアーオフィシャルT-shirtsデザイン等、欧米にて精力的に活動を開始する。

HP:http://www.watarukomachi.com

 

 

■展覧会インフォメーション
WATARU KOMACHI EXHIBITION
Part1“I Don’t Want To Grow Up”
2018年4月6日(金)- 4月21日(土)

Part2 “Just Like Heaven”
2018年5月11日(金)- 5月26日(土)

会場:CLEAR EDITION & GALLERY
東京都港区六本木7-18-8-2F
営業時間:14:00 – 19:00(火・水・木)11:00 – 19:00(金・土)日・月・祝は休廊
入館料:無料
HP:http://www.clearedition.jp/web/

 

 

 

 

 

 

May 24,2018