QUOTATION

世界初の3D人体解剖アプリ『teamLabBody』がリリース

 

 

 

2013年3月21日、大阪大学の菅本一臣教授とチームラボが共同開発したiPadアプリ『teamLabBody』が発売される。

『teamLabBody』は、世界で初めて生きた人間の骨格の動き・人体の形態を忠実に再現した3D人体解剖アプリ。大阪大学運動器バイオマテリアル学教授の菅本一臣教授が、生きた人間の関節の動きは従来の医学教科書に記載されている献体の動きとは異なることを発見し、10年以上かけて全ての関節の形態や動きを解析し、取得したモデルを元に、チームラボが共同開発を進めてきた。

生きた人間の骨格の動き・人体の形態を忠実に再現した人体解剖学におけるデジタル教科書(医療電子教科書)としての利用をはじめ、接骨院やエステ、ヨガ、トレーニングといったヘルスケア関連や、デッサンやスケッチ、同人誌やマンガ、アニメーションの資料など芸術関連の領域でも活用できる。

http://www.teamlabbody.com/3dnote-jp/index.html

 

菅本一臣 プロフィール
1956年生、大阪大学整形外科運動器バイオマテリアル学教授。研究内容は、肩関節・膝関節、骨関節3次元動態解析、人工関節の開発、関節の バイオメカニクス、関節のキネマティクス。

 

 

teamLabBody -3D Motion Human Anatomy-
価格:2600円
対応機種と言語:
*iPad2、新型iPad、iPad4、iPad miniに対応(iPad1には非対応)
*日本語と英語に対応

-特徴-
●世界で初めて、献体とは異なる生きた人間の間接の動きを3Dで再現
骨格の動き・形態を好きな角度・倍率で閲覧。

●CTやMRIのデータから忠実に再現された3D人体模型
忠実に再現された全身の筋肉・じん帯・神経・血管・骨が閲覧できる。
総対象部位数は827部位(筋肉:265、じん帯147、神経114、血管180、骨:118)

●全身表示から直感的に操作
全身表示の状態から見たい部分だけを自由に見れるので、非常に理解しやすく、人体解剖の学習・患者様への説明に役立つ。

●1000近くの対象部位を即座に検索・表示
検索した部位名を即座に表示し、詳細説明を閲覧できます。

 

 

March 25,2013

teamLabBody -3D Motion Human Anatomy-
価格:2600円
対応機種と言語:
*iPad2、新型iPad、iPad4、iPad miniに対応
(iPad1には非対応)
*日本語と英語に対応