QUOTATION

 菅野麻衣子 による展覧会「漂流ページ」

©Maiko Kanno

仙台を拠点に国内外で活発に作品発表を続ける一方、ロックバンド「Brian the Sun」の数々のCDカバーや、2018年には「遠野物語」のオシラサマの物語を独自の解釈で再構成した絵画で、佐々木喜善賞を受賞するなど、広告や商業デザインに近接する分野でも高く評価されている菅野麻衣子。
本展は、菅野氏にとって2年ぶりとなる東京での個展となる。「アンデルセン童話」「グリム童話」「遠野物語」などのストーリーからインスパイアを受け、それらの断章と作者自身のイマジネーションの交錯をテーマにした新作をメインに、大小の作品約25点を展示する。また、自作カレンダーやオシラサマブローチなどの新作雑貨類も紹介・販売される。

 

菅野麻衣子 「漂流ページ」
会期:2018年10月5日 [ 金 ] ‐ 10月14日 [ 日 ]
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00~19:00(最終日のみ~18:00)会期中無休
電話:03-5722-9799
企画・主催:GALLERY SPEAK FOR
http://galleryspeakfor.com/
会期中イベント
ギャラリートーク: 日時などの詳細は後日HPにて。
作品解説=菅野麻衣子

 

菅野麻衣子 (かんのまいこ) 画家
1983年、宮城県生まれ。2006年、東北生活文化大学生活美術学科を修了。以後、精力的に作品制作と国内外での展示活動を展開中。ロックバンド「Brian the Sun」のCDジャケットや仙台市交通局のICカード乗車券「イクスカ」の券面デザインでも知られる。近年の個展に「あの子の家には屋根がない」(2017年、dmoarts)、「ダイアモンド」(2018年、仙台三越 アートギャラリー) など。2018年、佐々木喜善賞(遠野文化奨励賞)を受賞。
http://maikokanno.jp/

 

 

 

 

 

September 1,2018