QUOTATION

現代美術アーティスト・加賀美健の回顧展『加賀美健 レトロスペクティブ』がパルコミュージアムにて開催

2018年8月31日(金)から9月17日(月祝)の期間、 パルコミュージアム(池袋PARCO 本館7F)にて、 現代美術アーティストの加賀美健の回顧展となる『Ken Kagami Retrospective』が開催される。

加賀美健は、 2000年代のはじめより東京を拠点に現代美術のアーティストとして活動をはじめ、 今現在も常に進化を続けているアーティスト。 社会現象や、 時々ネタをはじめ、 美術史で起こる様々な問題、 カルチャーなどすべてのジャンルをジョーク的発想に変換し、 彫刻、 絵画、 ドローイング、 映像、 パフォーマンス等の美術作品を発表し続けている。

本展覧会は、 2000年代はじめに加賀美健を印象づけるきっかけとなったファウンドオブジェクトによる彫刻作品や、 それとは逆の発想から得た伝統的なモチーフの彫刻作品に加え、 近年精力的に取り組んでいるキャンバスにテキストを描いたシリーズなど、 これまでのシリーズ作品を一挙に展示する回顧展となる。
また、会場では、 トークイベントの他、 展覧会記念グッズも販売される。

 

Ken Kagami Retrospective
会場 :PARCO MUSEUM(池袋PARCO 本館7F) 東京都豊島区南池袋1-28-2
期間 :2018年8月31日(金)~9月17日(月祝)  10:00~21:00  ※最終日は18:00閉場 / 入場は閉場の30分前まで
入場料:一般500円 学生400円 小学生以下無料
主催 :PARCO
協力 :MISAKO&ROSEN
企画制作:PARCO
展覧会公式サイト: www.parco-art.com

 

 

加賀美健プロフィール
1974年東京都生まれ。 現在も東京を拠点に制作活動を行う。 主な展覧会:2018年「トレバー・シミズ&加賀美健」メンデス・ウッドDM(サンパウロ、 ブラジル)、 「加賀美健&COBRA 土曜物体劇場」 、 2016年「DOG」MISAKO&ROSEN(東京)、 「Your Memories are our Future」パレド・トーキョー/ACRUSH AG(チューリッヒ)、 2013年「アートがあれば2」東京オペラシティーアートギャラリー(東京)、 「加賀美健&スコット・リーダー The Future is Stupid」ザ・グリーン・ギャラリー(ミルウォーキー、 USA)、 2006年「HELLOWIEN」クリンジンガープロジェクツ(ウィーン、 オーストリア)、 2018年秋には、 ロンドンのサマーセットハウスで開催予定の「Good Grief! Celebrating Peanuts」に出展予定。

 

 

 

 

August 17,2018