QUOTATION

立木義浩写真展がシャネル・ネクサス・ホールにて開催

(C)YOSHIHIRO TATSUKI

9月1日より9月29日までシャネル・ネクサス・ホールにて1958年に写真家として活動を開始して以来、 ファッションやポートレート、 広告など、 さまざまなジャンルを横断的に撮影してきた立木義浩の写真展が開催される。また、9月14日には立木義浩とピーター バラカンによるトークイベントのほか、今秋には、 かつての作品に未収録カットを加えた『舌出し天使』も出版される予定。

 

立木 義浩 写真家
1937年徳島県生まれ。 1958年東京写真短期大学写真技術科卒業後、 アドセンターに入社。 1969年にフリーランスとなり、 女性写真の分野やスナップ・ショットで多くの作品を発表。 広告、 雑誌、 出版などの分野で活動し、 現在に至る。 第9回日本写真批評家協会新人賞(1965)、 日本写真協会賞年度賞(1997)、 日本写真協会賞作家賞(2010)など受賞歴多数。 主な写真集に『小女』、 『Tōkyōtō』、 『étude』、 『動機なき写真』などがある。 また、 立木の名を世に知らしめた1965年のデビュー作『舌出し天使』が、 2018年秋に出版予定。

 

立木義浩写真展『Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)』
会期:2018年9月1日(土)~9月29日(土)(入場無料・会期中無休)
時間:12:00~19:30(9月14日(金)は17:00まで)
会場:シャネル・ネクサス・ホール
中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
URL: http://chanelnexushall.jp/program/2018/yoshihiro_tatsuki/

 

 

 

 

 

August 16,2018