QUOTATION

太田市美術館・図書館にて、本と美術の展覧会vol.2が開催

美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が「本」と「美術」の架橋を目指して実施する〈本と美術の展覧会〉第2弾として「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」が8月7日から10月21日まで開催。

今回のテーマは詩と歌(短歌)。画家が絵具を素材とするように、言葉を用いて表現・思考の新たな地平を切り開く詩人・歌人たちの作品が、グラフィックデザイナー・画家・イラストレーターたちとの共同によって、展示空間に展開される。

また、同時に出品作家、佐々木俊、祖父江慎、服部一成 による鼎談や、管啓次郎、佐々木愛の対談、ギャラリートークなどの関連イベントも開催される。
(詳細は太田市美術館・図書館のサイトhttp://www.artmuseumlibraryota.jp/にて)

 

 

本と美術の展覧会vol.2「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」
会場:太田市美術館・図書館 展示室1、2、3、スロープ
http://www.artmuseumlibraryota.jp/
会期:2018年8月7日(火)〜10月21日(日)
開催時間:午前10時〜午後6時(展示室への入場は午後5時30分まで)
休館日:月曜日(ただし9月17日、24日、10月8日は祝休日のため開館、翌日火曜日休館)
観覧料:一般500(400)円 ※( )内は、20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、ふらっと両毛 東武フリーパスをお持ちの方。65歳以上、高校生以下、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料。おおた家庭の日(毎月第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料。
主催:太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
協力:株式会社リトルモア、東武鉄道株式会社、モエレ沼公園、リキテックス
後援:太田市教育委員会、太田商工会議所、群馬テレビ、株式会社エフエム群馬、エフエム太郎、NHK前橋放送局、上毛新聞社、朝日新聞社前橋総局、産経新聞前橋支局、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、光ネット株式会社

出品作家:最果タヒ、佐々木俊、祖父江慎、服部一成、管啓次郎、佐々木愛、大槻三好・松枝、惣田紗希(9名)
空間構成:豊嶋秀樹
ヴィジュアルデザイン:平野篤史

 

 

 

 

 

 

 

July 13,2018