QUOTATION

フラワーアーティストの東信が率いるAMKKとの企画による「戦争と花」展

© Bernie Boston / The Washington Post / Getty Images / Kyodo News

 

The Massにて、2018年7月20日より8月15日(水)までフラワーアーティストの東信が率いるAMKK(東信、花樹研究所)との企画による「戦争と花」が開催される。

本展覧会は「戦争と花」をテーマとし、7〜8年ほど前から東信らによって折に触れて集められた「戦争」と「花」をめぐるイメージを基礎として、国際的な写真家集団マグナム・フォト、報道写真の厖大な蓄積を持つ朝日新聞フォトアーカイブ、共同通信イメージズらの協力も得て蒐集された、戦争を題材とした様々な切り口の写真で構成される展示内容となっている。

 

 

AMKK
フラワーアーティスト東信(あずま まこと)の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団であり、その活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを芸術的レベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める事に一貫している。

AZUMA MAKOTO • Flower Artist
1976年生まれ。フラワーアーティスト。2002年より、注文に合わせてデッザンを起こし、花材を仕入れ、花束をつくるオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を銀座に構える(現在は南青山所在)。2005年頃から、こうした花屋としての活動に加え、植物による表現の可能性を追求し、彫刻作品ともいえる造形表現=Botanical Sculptureを開始し、海外から注目を集めはじめる。ニューヨークでの個展を皮切りに、パリやデュセルドルフなどで実験的な作品を数多く発表するほか、2009年より実験的植物集団「東信、花樹研究所 (AMKK)」を立ち上げ、ミラノ、ベルギー、上海、メキシコの美術館やアートギャラリー、パブリックスペースで作品発表を重ねる。近年では自然界では存在し得ないような地球上のさまざまなシチュエーションで花を活けるプロジェクトを精力的に展開。独自の視点から植物の美を追求し続けている。

 

 

戦争と花
会期:2018年 7月20日(金) – 8月15日(水)
会場:The Mass
themass.jp

 

 

 

 

 

July 8,2018