QUOTATION

「GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-」開催

印刷博物館 P&Pギャラリーの企画展『GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-』が6月16日から開催される。

13回目となる今年のテーマは〈Passion〉。 今年は、 より広い表現領域をめざし、 多彩なジャンルで活躍する人々が登場。 イラストレーション界からはその独自の世界観で半世紀以上にわたり人々を魅了し続けてきた宇野亞喜良。 海外からは、 タイを拠点とし、 タイ王室の関連事業からグローバルな企業広告まで幅広く手掛けるデザイナー、 サンティ・ロウラチャウィ。 広告業界からは、 グラフィックから映像まで幅広い領域で活躍、 その感性と着眼点で話題を呼ぶ八木義博。 凸版印刷からは、 セールスプロモーションを主軸に活躍する気鋭の若手、 鈴木晴之。 年齢も領域も視点もさまざまなクリエイターたちが印刷表現にトライアルしている。

また、6月16日には関連イベントとして、「デザイントーク in TOPPAN vol.21」も開催される。

 

開催概要
[名称] GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-
[会期] 2018年6月16日(土)〜 9月17日(月・祝)
[時間] 10:00〜18:00
[休館日] 毎週月曜日(ただし7月16日、 9月17日は開館)、 7月17日(火)
[会場] 印刷博物館 P&Pギャラリー(東京都文京区水道1-3-3トッパン小石川ビル)
[入場料] 無料(印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要)
[主 催] 凸版印刷株式会社 印刷博物館
[企 画] 凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
[後 援] 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
【展覧会ウェブサイト】 https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2018/

参加クリエイター
宇野亞喜良、サンティ・ロウラチャウィ、八木義博、鈴木晴之

 

グラフィックトライアルとは
トップクリエイターと凸版印刷が協力して、 印刷実験を繰り返し、 新しい印刷表現を探る企画。 色数、 用紙、 インキ等に制限をつけず、 究極の色再現やリアルな質感再現などクリエイターがイメージする表現を印刷技術の力によって最大限まで引き出すことで、 紙と印刷が持つ豊かな表現の可能性を追求し、 デジタル媒体にはない新しい表現の創出に挑戦している。 印刷実験の成果を活かした5枚のB1ポスター作品と実験過程のテスト刷りや印刷技法を開示するのも当展ならではの特徴。

 

 

関連イベント
■デザイントーク in TOPPAN vol.21
日時:2018年6月16日(土) 14:30〜17:00 ※定員80名、 入場無料、 事前予約制
場所:印刷博物館 グーテンベルクルーム (東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル)
※トークイベントの申込み方法は展覧会特設サイトで受付。
https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2018/

 

 

 

 

 

 

June 7,2018