QUOTATION

第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品が決定

第21回文化庁メディア芸術祭の受賞作品及び功労賞受賞者が決定した。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル。

今回の作品応募では、4,192作品が寄せられ、過去最多となる世界98の国と地域から応募があり、厳正なる審査の結果、部門ごとに受賞作品(大賞、優秀賞、新人賞)と、
功労賞としてメディア芸術分野に貢献のあった方を選出。とくにアニメーション
部門では第5回(2001)以来の16回ぶりとなる2作品同時の大賞受賞となった。

贈呈式、受賞作品等を紹介する受賞作品展は、平成30(2018)年6月に国立新美術館(東京・六本木)を中心に開催する。

 

 

第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品
■アート部門
大賞
『Interstices / Opus I – Opus II』 Haythem ZAKARIA

優秀賞
『アバターズ』菅野 創/やんツー
『進化する恋人たちの社会における高速伝記』 畒見 達夫/ダニエル・ビシグ
『水準原点』 折笠 良
『Language Producing Factory』 DAI Furen

新人賞
『I’m In The Computer Memory!』 会田 寅次郎
『Panderer (Seventeen Seconds)』 Gary SETZER
『The Dither is Naked』 YANO

■エンターテインメント部門
大賞
『人喰いの大鷲トリコ』『人喰いの大鷲トリコ』開発チーム(代表:上田 文人)

優秀賞
『FORESTA LUMINA』 『FORESTA LUMINA』 制作チーム
『INDUSTRIAL JP』 INDUSTRIAL JP
『PaintsChainer』 米辻 泰山
『Pechat』 『Pechat』開発チーム(代表:小野 直紀)

新人賞
『盲目の魚-The Blind Fish-』 石川 泰昭/ミカヅキ フタツ/Keishi Kondo
『Dust』 Maria JUDOVA / Andrej BOLESLAVSKY
『MetaLimbs』 佐々木 智也/MHD Yamen SARAIJI

■アニメーション部門
大賞
『この世界の片隅に』 片渕 須直
『夜明け告げるルーのうた』 湯浅 政明

優秀賞
『ハルモニア feat. Makoto』 大谷 たらふ
『COCOLORS』 『COCOLORS』制作チーム(代表:横嶋 俊久)
『Negative Space』 KUWAHATA Ru / Max PORTER

新人賞
『舟を編む』 黒柳 トシマサ
『The First Thunder』 Anastasia MELIKHOVA
『Yin』 Nicolas FONG

■マンガ部門
大賞
『ねぇ、ママ』 池辺 葵

優秀賞
『銃座のウルナ』 伊図 透
『ニュクスの角灯』 高浜 寛
『夜の眼は千でございます』 上野 顕太郎
『AIの遺電子』 山田 胡瓜

新人賞
『甘木唯子のツノと愛』 久野 遥子
『バクちゃん』 増村 十七
『BEASTARS』 板垣 巴留

■功労賞
田宮 俊作   実業家
竹内 オサム  マンガ研究者/同志社大学教授/マンガ家

※このほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定。

贈呈式・受賞作品展は2018年6月に開催。贈呈式は2018年6月12日(火)、受賞作品展は、2018年6月13日(水)〜24日(日)、国立新美術館(東京・六本木)での開催を予定。

 

http://festival.j-mediaarts.jp/

 

 

 

 

 

March 18,2018