QUOTATION

アーティスト Sylvia Bataille日本初となる展覧会「AUTOROUTE」

Sylvia Bataille / substances toxiques © Sylvia Bataille

 

恵比寿のPOSTにて、写真家 Sylvia Bataille(シルビア・バタイユ)の日本初となる展覧会「AUTOROUTE」が開催される。

Sylvia Batailleはフランスに生まれ、現在はパリを拠点に活動しているアーティスト。まるで写真のように緻密に描かれた作品群は銅版画のメゾチントが用いられ、車の疾走するモチーフとは対照的に、静寂で、ある種の狂気をも感じさせる。これらのランドスケープは、フェティシズムに近い彼女の心象風景を的確に表現するためのモチーフとして2005年から継続して制作されているもの。

また、1月23日のオープニングには作家在廊のもとレセプションも開催される。

 

会期:2018年1月23日(火) ー 2月11日(日) 月曜休
時間:12時 – 20時
会場:POST 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3-1F
http://post-books.info/news/2018/1/7/exhibition-sylviabataille-autoroute

オープニングレセプション:1月23日(火) 19時 – 21時

 

 

Sylvia Bataille(シルビア・バタイユ)
1963年フランス生まれ。メゾチントを用いた銅版画のほか、写真やイラストレーションなども手掛ける。2010年にはChamalières Triennale、2011年にはSaint-Maure Estam Biennaleで優秀賞を受賞。近年の展覧会に「mezzotints and pinhole photographs /Galerie Univer」(2017)、「mezzotints /フランス国立図書館」(2015)などがある。

 

 

 

 

 

January 21,2018