QUOTATION

上田義彦写真展『Forest 印象と記憶 1989-2017』

Quinault 2017 ©Yoshihiko Ueda

 

 

Gallery 916にて、2018年1月19日(金)から3月25日(日)まで、上田義彦写真展『Forest 印象と記憶 1989-2017』が開催される。

1989年、ワシントン州Quinaultという神聖な森との出会いから始まり、2011年に東日本大震災での大自然の猛威によるあらゆる生命の破壊を目の当たりにしたことで、命の根源を確かめるように撮り始めた屋久島の森。そして2017年、新たに撮りおろしたQuinault、屋久島の森、さらには奈良春日大社の原生林。本展では、生けるものの原初の摂理を現す森の姿を、約30年間撮り続けてきた1989年から 2017年の最新作まで、約50点の作品を展覧する。

また、本展覧会に併せて、青幻舎より写真集『FOREST 印象と記憶 1989-2017』が出版される。

 

 

「Forest 印象と記憶 1989-2017」 
上田義彦
会期 : 1月19日金曜日 – 3月25日日曜日
会場:Gallery 916
http://www.gallery916.com/
開館時間 : 平日 11:00 – 20:00 / 土日・祝日 11:00 – 18:30
定休 : 月曜日(祝日を除く)
入場料 : 一般 800円、大学生・シニア(60歳以上) 500円 
高校生 300円、中学生以下無料(Gallery916及び916small)

 

トークセッション & ブックサイニング :
1月27日(土) 15:00 – 16:30 上田義彦×後藤繁雄(編集者)
2月11日(日) 15:00 – 16:30 上田義彦×伊藤俊治(美術史家)
3月3日  (土) 16:00 – 17:30   上田義彦×飯沢耕太郎 (写真評論家)

 

 

上田義彦写真集『FOREST 印象と記憶 1989-2017』
出版社:株式会社青幻社
サイズ:315 × 255 × 27 mm
ページ数:287 P
写真掲載:131点
発売日:2018年1月19日
定価:¥12,000 +tax

 

 

 

 

January 12,2018