QUOTATION

「竹尾デスクダイアリーの60年」展が、見本帖本店にて開催中

 

1958年に最初の「竹尾デスクダイアリー」(1959年版)がつくられてから60年。これまでさまざまなクリエイターがその制作に力を注いできた竹尾デスクダイアリーは戦後日本のデザイン史にも重なり、印刷や製本技術にも匠の技が込められている。本展では竹尾デスクダイアリー2018年版までの全60冊を製本にまつわる記録映像や制作リストと共に公開されている。

 

「竹尾デスクダイアリーの60年」展
会期:2017年12月11日(月)- 2018年1月19日(金)
時間:10:00-19:00  土日祝日および年末年始(12/29-1/4)休
※1月5日(金)は17:00まで
会場:見本帖本店 東京都千代田区神田錦町3-18-3
http://www.takeo.co.jp/

主催:株式会社竹尾
企画:竹尾アーカイヴズ
ディレクション:永原康史

 

竹尾デスクダイアリーについて
1958年(1959年版)から続く、株式会社竹尾が制作・発行するダイアリー。2018年版で60回目の刊行となる。第1回デザインの原弘氏をはじめとし、初期は日本デザインセンターがデザインおよび制作を担当。1970年代後半から日本を代表するグラフィックデザイナーやクリエイターが手がけるようになった。当初のスパイラル製本から、1976年に本文がノドまで開く「背開き製本」による上製本仕様となり、その製本方法は、3代目社長・竹尾栄一が上島松男氏(現・美篶堂 会長)に依頼し、試行錯誤を経て現在のかたちとなった。
http://www.takeo.co.jp/finder/goods/deskdiary.html

 

 

 

December 18,2017