QUOTATION

今治の染色技術を紹介する展覧会「IMABARI Color Show」が開催

タオルの産地として海外でも知名度の高い愛媛県今治市。その染色技術を紹介する大規模な展覧会「IMABARI Color Show」が2017年12月より東京・青山と愛媛・今治の2つの会場にて開催される。

今回、今治の染色技術を紹介するのは、1995年に来日してから東京の色に魅了された建築家/デザイナーのエマニュエル・ムホー。ABCクッキングスタジオの空間デザインや、巣鴨信用金庫の建築などいずれも特徴ある色の使い方を得意とする彼女がこれまで誰も経験したことの無い1000色の世界をインスタレーションとして繰り広げ、染色に必要な調合割合、温度湿度、時間の概念を「色のレシピ」として視覚的に表現する。

 

<青山展>
会期:2017年12月7日(木)〜10日(日)
開館時間:11:00〜20:00 ※12月7日(木)は18:00まで
料金:無料
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)

<今治展>
会期:2018年2月2日(金)〜12日(月祝)
料金:無料
会場:今治市みなと交流センター はーばりー(愛媛県今治市片原町1-100-3)

 

主催:愛媛県繊維染色工業組合
協賛:木村商事株式会社/村上産業株式会社/有限会社 富士商店/株式会社 ヤスハラ
後援:経済産業省 四国経済産業局/愛媛県/今治市
メインインスタレーション=エマニュエル・ムホー
「今治の色」ディレクション=一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)
監修:辻 智佐子(城西大学経営学部教授)
会場設計・制作:株式会社NINO/NINO INC.
企画:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

公式サイト http://www.senshokukumiai.com/imabaricolorshow

 

 

 

 

 

December 2,2017