QUOTATION

「第18回東京フィルメックス」が11月18日から開催

 

独創的な作品をアジアを中心とした世界から集めた国際映画祭、「東京フィルメックス2017」が11月18日(土)から開催する。映画文化の未来を大切にしているこの映画祭は、まだ世界には発見されることを待っているたくさんの映画と出会い、新しい映画の発展をめざしている。

アジアの新鋭たちを紹介するコンペティション部門より、今年は原一男監督を審査委員長に迎え、キルギスを代表する映画作家アクタン・アリム・クバトの最新作『馬を放つ』や中国の現代美術界の旗手、シュー・ビンの初監督作品『とんぼの眼』、寒村のシャーマンたちの生活を追ったユー・グァンイーのドキュメンタリー『シャーマンの村』などここでしか見ることのできない作品が揃う。また今年は特別招待作品に本年のロカルノ映画祭で金豹賞を受賞したワン・ビンの最新作『ファンさん』や釜山映画祭クロージングを飾ったシルヴィア・チャンの『相愛相親』なども見ることができる。

 

 

第18回東京フィルメックス
会期:2017年11月18日(土)〜26日(日)
会場:有楽町マリオン 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇
http://filmex.net/2017/

 

 

 

 

 

November 15,2017