QUOTATION

2日間限定で、マーク・ゴンザレスによるアートエキシビション+作品即売会が開催

10月22日と23日、『BOOKMARC』にて、プロスケーターにしてアーティストのマーク・ゴンザレスのアートエキシビションと作品即売会が2日間限定で開催される。

新作はもちろんおなじみのドローイングやペインティング、 自ら製作したスケートボードも会場で発表。 オープニング当日は本人も在廊予定。

 

『Mark Gonzales x THE LAST GALLERY
“Reality is too much to ask for”  EXHIBITION /ドローイング作品即売会』
日時:2017年10月22日(日)17:00 – 20:00 / 10月23日(月)12:00 – 19:00
場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14 B1Fギャラリー
ゲスト:マーク・ゴンザレス

 

 

MARK GONZALES
マーク・ゴンザレスはカリフォルニア州ロサンゼルス出身の現代美術家。 自身が手掛けるkrooked SkateboardingをはじめにSpitfire Wheels, Independent Truck Company, Fourstar Clothing, adidasといった数々のスケートボード・ブランドからスポンサーを受ける世界で最も有名なプロ・スケーターでもある。 キース・ヘリング、 ジャン=ミシェル・バスキア、 アンディー・ウォーホルといった巨人たち亡き後のNYストリートアートにおける最重要人物として、 90年代以降その動向が注目を集める。 ハーモニー・コリンの映画『ガンモ』(97)への出演、 ソフィア・コッポラの映画『ヴァージン・スーサイズ』(‘99)への絵の提供、 短編映画『How They Get There』のためのスパイク・ジョーンズとの共同脚本など映画への関連も多い。 現代美術家として高い評価を得る彼は、 世界中で展覧会を開催。 BOOKMARC原宿でも過去2回のイベントを行い話題をさらった。

 

THE LAST GALLERY
2008年雑誌DUNE編集長の故・林文浩氏により開廊。 国内外のコンテンポラリーアーティストの自由な発表の場として、 また単にアートを見せるだけでなく、 多種多様な興味や趣向を持った人々のコミュニケーションの場として親しまれた白金台にあった伝説的ギャラリー。 2013年秋に閉廊したが、 現在アートプロジェクトチームとして多数のエキシビションをオーガナイズしている。
http://the-last-gallery.com/

 

 

 

 

 

October 15,2017