QUOTATION

「映画の教室2017 色彩の探求」フィルムセンターにて開催

 

映画芸術や映画保存を学ぶ上で重要な作品を、フィルムセンターの所蔵作品の中から上映するプログラム「映画の教室」が、2017年度より、テーマに沿った各5回シリーズ・研究員の解説付きにリニューアル。大好評を博した「映画の教室2017 素材から観る日本アニメーション」に続き、2017年10月からのシリーズは「映画の教室2017 色彩の探求」と題して、フィルムの“色”に迫る。

映画の色は、理想的な色を求めた作り手たちの創意工夫と、それを支えた技術の発展により育まれてきた。白黒フィルムの時代には、フィルムを鮮やかに染める染色や、フィルムに含まれる銀を異なる物質に変化させ発色させる調色、コマに色付けを施す彩色などの方法が普及している。

カラーフィルムが誕生してからも、さまざまな試みが行われ、いくつものカラーシステムが生まれた。今回の「映画の教室」では、アニメーションや記録映画におけるさまざまな試み、国産カラー映画の挑戦、本格的カラー映画時代の意欲的な表現の追求、カラーフィルム以前の色彩と、5回にわたって紹介してゆく。
研究員による解説付きで映画の色の魅力と多様性を体験できる本特集を、どうぞお楽しみあれ。

 

■開催概要
企画名:映画の教室 2017 色彩の探求
日時:2017年10月11日(水) 25日(水) 11月8日(水) 22日(水) 12月6日(水) 各日7:20pm開始 [7:00pm発券・開場]
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター小ホール(地下1階)
料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料
問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600
本企画ウェブサイト:http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/filmclassof2017-color/

 

 

 

 

 

 

October 6,2017