QUOTATION

print galleryにて、スイスのタイポグラファ、ロマノ・ヘニ(Romano Hänni)の展覧会が開催

スイスのタイポグラファであり、活版印刷の本を作り続けるロマノ・ヘニ(Romano Hänni)の新刊「離郷のいたみ(It is bitter to leave your home)」の完成と出版を記念した展覧会が、print gallery にて開催される。

 

グラフィックデザイナー・タイポグラファとして活躍する傍ら、1985年以降はスイスのバーゼルに構えた自身の工房で活版印刷による本を作り続けるロマノ・ヘニ(1956–)。福島に於ける原発の災禍をテーマに制作されたヘニの新刊、〈離郷のいたみ〉の出版を記念した2日間だけの展覧会となる。
同書の他、鋭意制作中の和文テキストのみの小さな本、組版の為のスケッチ、校正刷、制作過程を示すスライド等を併せて展示する。

 

新刊「離郷のいたみ」:
サイズ:23.5 x 26.6 cm
ページ:64ページ
本文用紙:市販のキッチンペーパー
企画・執筆・組版・印刷・製本・出版:
ロマノ・ヘニ/Büro für Gestaltung
和文活字:佐々木活字店

 

 

ロマノ・ヘニ
活版印刷による本「離郷のいたみ」
Romano Hänni
Handprinted Books “It is bitter to leave your home”

会期:
2017年10月7日(土)、8日(日)13:30–20:00
オープニング:2017年10月7日(土)18:00–20:00
会場:print gallery(プリントギャラリー)
http://www.printgallerytokyo.com/ex-romanohaenni-itisbitter.html

 

 

 

 

 

October 3,2017