QUOTATION

鉄道の創造性に着目した現代美術の企画展・鉄道芸術祭vol.7 「STATION TO STATION」

大阪大学・京阪ホールディングス株式会社・NPO法人ダンスボックス(大学・企業・NPO)が共同運営する、京阪電車「なにわ橋駅」構内に立地するアートエリアB1にて、11月10日(金)より鉄道の創造性に着目した現代美術の企画展・鉄道芸術祭vol.7 「STATION TO STATION」が開催される。

2010年から開催されている「鉄道芸術祭」のvol.7となる今回は、メインアーティストにアーティストでグラフィックデザイナーの立花文穂を迎え、展覧会自体を立花氏が編集とディレクションを担う雑誌『球体』の新刊号として表現する。

 

 

 

鉄道芸術祭vol.7 「STATION TO STATION」

メインアーティスト:立花文穂(アーティスト、グラフィックデザイナー)
リサーチメンバー:《雑誌「球体」参加メンバー》荒木信雄(建築家)、石田千(作家)、高山なおみ(料理家、文筆家)

会期:2017 年11 月10 日( 金)─2018年1 月21 日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休館) 、12/28〜1/3
開館時間:12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
入場料:無料(一部有料イベント)
会場:アートエリアB1(大阪市北区中之島)
http://artarea-b1.jp

主催:アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株)+(一社)アートエリアB1)
企画制作:大阪大学21世紀懐徳堂、NPO法人ダンスボックス
助成:損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)、大阪市、芸術文化振興基金
協力:京阪電気鉄道(株)

 

 

 

 

 

 

September 5,2017