QUOTATION

フランス在住の職人が作り上げた眼鏡がア-トの被写体に! 「眼鏡 catch up ア-ト ??」展が開催

 

フランス在住の眼鏡職人、北村拓也による眼鏡ブランド『北村 Domont』による『眼鏡 catch up ア-ト ??』展が、8月3日から13日までOFSギャラリ-にて開催される。会場では、現代ア-ト界から国内外から非常に高く評価をされている、写真作家『高倉大輔』が撮影した北村 Domont の作品展示に加え、オ-ダ—メイド眼鏡の相談受付をすることができる。

被写体となった眼鏡を製作した「北村 Domont」は、フランス在住の眼鏡職人である北村拓也が2014年にスタートしたオーダーメード眼鏡ブランド。歴史あるフランスの眼鏡工房Dorillatに所属している。

北村拓也は、眼鏡作りで有名な福井県鯖江市で職人としてのキャリアをスタートさせ、その後、世界中の眼鏡工場や眼鏡店を回って知見を広め、現在はフランスに滞在して大量生産の眼鏡とは異なる1点ずつの製作を続けている眼鏡職人。「北村 Domont」は2017年現在、フランス、日本、アメリカ、ベルギーで販売されている。

北村 Domont の特徴は、セミオーダーを中心とした1点物の眼鏡で、顔、鼻の大きさ測定を行い、サイズを各々のクライアントに合わせて製作。また、素材はべっ甲、バッファローホーン、アセテートを使用している。(欧州でべっ甲を用いた製作ができる職人がいる工房は2工房のみ)

 

「眼鏡 catch up ア-ト ??」展
会場:OFSギャラリ- 東京都港区白金 5-12-21 OUR FAVORITE SHOP内
http://ofs.tokyo/
期間:8月3日~8月13日
時間:12時~19時 *最終日は17時迄

 

 

 

 

 

 

July 18,2017