QUOTATION

7月7日から​Gallery 916にて、百々俊二写真展「A LIFE 1968-2017」開催

「花母(河瀨直美)」 ©Shunji Dodo

 

​2017年7月7日(金)​から9月10日(日)まで​Gallery 916にて、百々俊二写真展「A LIFE 1968-2017」​​が開催される。本展では、写真家・百々俊二の原点となる貴重な初期作品「佐世保」から新作のデジタル作品「春日山原始林」まで、50年もの長きにわたり種々様々な表現で生み出された作品群の中から、厳選された300点余りの作品を展覧。百々俊二の作品の軌跡をたどる展覧会となる。
また、7月8日にはトークセッション&ブックサイニングも予定。

 

 

百々俊二「A LIFE 1968-2017​」​展
​会期:2017年​7月​7日(​金)〜​ 9月10日(日)
会場:Gallery 916
東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F
www.gallery916.com
営業:平日 ​ ​11​:​00​ – 20:00 / 土日・祝日 ​ ​11:00​ ​​-​ 18:30
休廊:月曜日(祝日を除く)
​入場料:一般 ¥800​、学生​・​シニア ¥500、高校生 ¥300、中学生以下 無料
*半券をお持ちの方には割引あり

トークセッション&ブックサイニング
7月8日(土) 16:00 〜 17:30 百々 俊二 × 上田 義彦

 

 

 

百々 俊二 (どど しゅんじ)

1947年 大阪府生まれ
1970年 九州産業大学芸術学部写真学科卒業
1998年 ビジュアルアーツ専門学校・大阪 学校長就任
2015年 入江泰吉記念奈良市写真美術館 館長就任

主な写真展に、「大阪・天王寺」(銀座・大阪ニコンサロン,1978)、「新世界むかしも今も」(銀座・大阪ニコンサロン,1985)、「衆生遊楽バンコク」(銀座・大阪ニコンサロン,1992)、「楽土紀伊半島」(新宿・大阪・札幌コニカプラザ,1995-96)、「千年楽土」(銀座・大阪ニコンサロン,1999)、「千年楽土紀伊半島」(奈良市写真美術館,2000)、「.com NY」(新宿ニコンサロン,2001)、「沙羅双樹」(ビジュアルアーツギャラリー,2003)、「花母」(Gallery OUT of PLACE TOKIO、ZEN FOTO GALLERY,2006)、「花母」「ベジタブル・キッチン」(gallery bauhaus 東京,2007)、「Ha-Ha」(FOCALE galerie ロカルノ/スイス,2007)、「大阪」(銀座・大阪ニコンサロン、Gallery OUT of PLACE TOKIO、ZEN FOTO GALLERY,2010)、「それ ぞれの時『大阪』〜森山大道・入江泰吉・百々俊二展〜」(入江泰吉記念奈良市写真美術館,2016)、「春日山原始林」(入江泰吉記念奈良市写真美術館,2016-17)、「日本海」(銀座・大阪ニコンサロン,2017)がある。

受賞歴に、日本写真協会年度賞(1996)、第24回伊奈信男賞(1999)、日本写真芸術学会芸術賞(2007)、第23回写真の会賞、第27回東川賞(2011)

主な著書に、『地平』1-10 号(1971-77)、『新世界むかしも今も』(長征社,1986)、『HORIZON』(共著,1993)、『楽土紀伊半島』(ブレーンセンター,1995)、『千年楽土』(ブレーンセンター,2000)、『沙羅双樹』(組画,2003)、『花母』(Gallery OUT of PLACE,2006)、『菜園+桜』(VACUUM PRESS,2009)、『大阪』(青幻舎,2010)、『遙かなる地平 1968-1977』(赤々舎,2012)、『日本海』(赤々舎,2014)

 

 

 

 

 

June 29,2017