QUOTATION

6月28日(水)からALにて、「Flanger exhibition NEW / TONE / NEW / WAVE」が開催

2006年の発足以来、“HOMEMADE / HANDMADE”をステイトメントに掲げ、ウェアラブル・アートの刷新に取り組んできたmaki/Flanger。
ときにファッショニスタのメランコリーを鎮める平日の戦闘服を、ときにCorneliusやBuffalo Daughterらミュージャンの鎖骨や肋骨を優しく抱きとめる防護服(≒ステージ衣装)を製作し、多くの支持を集める同プロジェクトの展覧会が、6月28日(水)から7月9日(日)まで代官山ALにて開催される。

 

Flangerの最新作に加え、ニューアルバム『Mellow Waves』を発表したばかりのCorneliusとのコラボレーションとして、2007年に行われたCornelius「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW」の会場を彩り話題となった「HAND MADE BAND TEE」に続き、Cornelius最新オフィシャルTシャツを素材にmakiがコラージュ/リメイクを施したニューライン「Wellow NEW Maves(Flanged)」も展示販売。また、会場の音響はHORA AUDIOが担当し、オープイングイベントとして、初日28日にはmaki 公開ロング・インタヴュー supported by HORA AUDIOも開催される。

 

Flanger exhibition NEW / TONE / NEW / WAVE
会期:2017年6月28日(水)〜7月9日(日) 会期中無休・入場無料
開場時間:12:00〜19:00 ※最終日のみ〜17:00
会場:AL 1F main space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
www.al-tokyo.jp

 

オープニングイベント 2017年6月28日(水) 19:00〜
maki 公開ロング・インタヴュー supported by HORA AUDIO
GUEST:HORA AUDIO 青柳亮(音響)/江森丈晃(選曲/タメ口インタヴュアー)
入場料無料/事前予約不要。誰でも参加可能。詳細はwww.al-tokyo.jpにて。

 

HORA AUDIO
彦根を拠点とするクラフトオーディオメーカー。自然で生き生きとした音が特徴的なスピーカー「MONO」を中心に音の楽しさを伝える活動を展開。またショールームhoraanaを運営。www.hora-audio.jp

江森丈晃
グラフィック・デザイナー/編集者。98年、デザイン事務所=tone twilightをスタート。過去にmakiへの取材経験アリ。本展覧会DMの製作も担当。

Flanger
makiによる古着をモチーフとしたアートワーク・プロジェクト。
作品はすべて手縫いで一針ずつ仕上げられる完全一点物。自由な発想とデザインにより、古着たちに新たな生命が吹き込まれる。makiはバンドIKEBANAに在籍。音楽との関わりから生まれる作品も多く、ミュージシャンからの信頼も厚い。
https://twitter.com/_flanger_

 

 

 

 

June 22,2017