QUOTATION

映画の教室 2017「素材から観る日本アニメーション」が開催

日本のアニメーションの代表的な作品を一気に観られるイベント、「映画の教室 2017 素材から観る日本アニメーション」が6月28日から全5回で開催される。

映画芸術や映画保存を学ぶ上で重要な作品を、フィルムセンターの所蔵作品の中から上映するプログラム「映画の教室」が、2017年度より、テーマに沿った各5回シリーズ・研究員の解説付きにリニューアル。シリーズを通して観ることで、より一層映画や作品への理解を深めることができる。
リニューアル第一弾は、日本でアニメーション映画が誕生したとされる1917年から本年で100年を迎えたことを祝して“素材から観る日本アニメーション”と題し、『煙り草物語』(1924年)から『頭山』(2002年) まで、所蔵作品の中から素材や手法を紹介しながら日本のアニメーション作品を上映する。
*後期は別のテーマで10月11日(水)より全5回、隔週水曜に開催予定。

 

 

開催概要
映画の教室 2017 素材から観る日本アニメーション
日 時:2017年6月28日(水)、7月5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)
各日 7:20pm 開始 [7:00pm 発券・開場]
会 場:東京国立近代美術館フィルムセンター小ホール(地下1階)
料 金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料

ウェブサイト:http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/filmclassof2017-animation/

 

 

 

 

June 4,2017