QUOTATION

「ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン : 遊びある真剣、そして真剣な遊び」展

 

 

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクションの 10回目となる「ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン : 遊びある真剣、そして真剣な遊び」展が、3月3日から2期にわけて、竹尾 見本帖本店 2Fにて開催される。会場では、2016年6月、多摩美術大学アートテークにて開催された「ノイエ・グラーフィクとその時代」展の中から再構成した作品を第1期・第2期に分け、計25点が展示する。

 

 

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション 10
「ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び」

会期:2017年3月3日(金)から3月31日(金)
第1期:3月3日(金)から3月16日(木)
第2期:3月21日(火)から3月31日(金)
時間:10:00 – 19:00 土日祝日および3 月17日(金)/休
会場:株式会社竹尾 見本帖本店 2F  東京都千代田区神田錦町 3-18-3  http://www.takeo.co.jp
入場料:無料
展示会ウェブページ https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20170303.html

 

 

Josef Müller-Brockmann ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン (1914–1996)

ラッパースビル(スイス)生まれ。1930年、グラフィックデザイナー見習いを経て、32–34年にチューリッヒ工芸学校でエルンスト・ケラーとアルフレート・ヴィリマンにインターン生として学ぶ。34年、デザイナーとして独立して以降、生涯を通じてデザイナーとして活動した。50年代初頭、最初の音楽会ポスターを制作。以後72年まで続いたこの連作の即物的構成的な表現は具体芸術の援用例として高い評価を受けた。57–60年、ケラーの後任としてチューリヒ造形学校のグラフィックデザインコースの講師を務める。58–65年、『ノイエ・グラーフィク』誌の創刊・編集に携わり、リヒャルト・パウル・ローゼ、ハンス・ノイブルク、カルロ・ヴィヴァレリらと協働。60年に東京で開催された世界デザイン会議に登壇後、日本各地を歴訪、60年代から70年代にかけて日本で教育に携わる。62–63年、マックス・ビルに招かれウルム造形大学の招待講師を務める。56年から95年の間に世界各地で41回の個展開催。87年、チューリッヒ州文化功労者金賞のほか受賞多数。AGI会員(51年)。

 

 

 

 

 

January 30,2017