QUOTATION

細井えみか個展「確かめる行為」レポート

text, photo : daiki tajiri

 

当たり前のことかもしれない。私たちは、人として生まれ、生きてきた年月と、そこで生まれた経験をもとに築き上げられた価値観を軸に、日々継続的な選択によって生活している。2月18日から3月11日の間、東京・中目黒にあるZula Art Galleryにて行われている、彫刻家の細井えみかによる初の個展「確かめる行為」では、我々がそれぞれ持つ現実を、改めて考えさせられる機会を得る。

 

制作を行うにあたり、彼女は軸の素材として鉄を使用する。人により精製され、人のために使用される鉄は、作品として鑑賞されるというよりも、日常に紛れ裏方として目立たない位置で機能しているイメージが誰しも確実にあるのではないだろうか。

 

今展覧会の空間が発するギラギラしつつも誠実な空気は、そのような元ある我々のイメージを破壊するかのように、そして新たなイメージを植え付けるかのように、ギャラリー内を支配する。

 

彼女の作品を鑑賞していると、皮肉めいた含みを漂わせる部分が時たま垣間見える。例えば、DMのビジュアルとしても取り上げられている作品「Affecter」はスポンジでできた柱をナットにボルト、鉄棒などが必要以上に強くプロテクトしている。元の役割を全うする鉄素材達が不本意に生み出した規則正しい曲線は、我々に素材に対しての新鮮な感覚を与える。

 

また、実験的なインスタレーションに近い作品を展示しているのも面白い。ギャラリー内の一番奥に佇む作品「シャックル」はおそらくこの機会で初めてみる鑑賞者も多いであろう、ネジシャックルが什器の上に展示されている。普段はクレーンに貨物などを繋げるために使用されるものだが、この作品で繋げられているのは、がびょうとクリップで壁に固定された細い糸と娯楽の象徴とも言えるパチンコ玉だ。不安定なもの同士をしっかりとジョイントするネジシャックルは、あたかも今までずっとそれらを繋げていたかのように使い込まれている。

 

展示が行われている会場のZula Art Galleryは、建物の一部屋という場でパーソナルな空間だと思われがちだが、展示以外にもパフォーマンス、トークイベントや他ギャラリーとのタイアップなど、視野の広い様々な取り組みをしている。作家と一緒に行われたという挑戦的な今展覧会の空間構成やキュレーションも、このギャラリーと作家との間でしかできないものではないだろうか。

 

芸術作品を鑑賞したまま自身の中に留めることももちろん重要なことだが、その表現を通して、作家の思考を探り、制作の意図を汲み取った上で自身の持つ意識と重ね合わせる。そんな「確かめる行為」の豊かさを、今展覧会に足を運び学ぶことができた。

 

もし、展示物について深く解釈をしたければ、入場するにあたってギャラリーフェイスブックにて記載されている、彼女によるステートメントを必読しておくことをお勧めする。

 

■細井 えみか/Emika Hosoi
emikahosoi.tumblr.com

1993年    バンコク生まれ
2016年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
2017年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース在籍
公益財団法人クマ財団クリエイター奨学金一期生

展示
2017年
「彫刻と対話法Ⅲ -思いどおりにする、をするか-」府中市美術館/東京
「LOST SIDE STRIP」ミツバコウサクショ/東京
2016年
「Tropical Lab 10:Fictive dreams」ラサール芸術大学/シンガポール
「IN TEN」武蔵野美術大学/東京
「第39回東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館/東京
「武蔵野美術大学卒業・修了制作作 2015」武蔵野美術大学/東京
2015年
「銀座モダンアートガールズ展」銀座モダンアート/東京
「アジア創造美術展’15」国立新美術館/東京
2014年
「小平アートサイト2014:GATE」小平市中央公園/東京
「ARTISTS’ CAFE Vol.9」銀座モダンアート/東京
2013年
ARTON×asobiba production「ASOBIBA展」ARTON/東京
「nanaten」UPSTAIRS GALLERY代官山/東京
「ARTISTS’ CAFE Vol.6」銀座モダンアート/東京
「第9回 ベラドンナ・アート」東京都美術館/東京
「ARTISTS’ CAFE Vol.3」銀座モダンアート/東京

受賞
2016年「武蔵野美術大学五賞受賞(清水多嘉示賞)」(奨学金)
2012年「ポーラ美術館主催デザインキューピーコンテストグランプリ」(商品化、ミュージアムショップにて販売)

アートキャンプ
2016年「Tropical Lab 10;Fictive dreams」ラサール芸術大学/シンガポール

 

■展覧会インフォメーション
細井えみか/Emika Hosoi 確かめる行為 The Acts of Confirming
会期:2018年2月18日(木)- 3月11日(日)
開館日:金・土・日のみオープン
時間:12:00 – 18:00
入館料:無料
会場:Zula Art Gallery 目黒区青葉台3 -15-15 BUENA CASA AOBADAI 302
https://www.zulaarts.com

 

 

 

 

 

 

March 1,2018