QUOTATION

ヘルナン・バス個展「異郷の昆虫たち」レポート

text : daiki tajiri

Unlike other members of his species, camouage is not in his favor, 2017 Acrylic on linen 127 x 101.6 cm / 50 x 40 in

 

六本木・ペロタン東京にて1月18日(木)から3月11日(日)まで、アメリカのデトロイト、マイアミを拠点に活動するアーティスト、ヘルナン・バスの国内初個展「異郷の昆虫たち」が開催されている。

 

本展覧会のタイトル「異郷の昆虫たち」はアーティストが近年手にした昆虫学の古書籍よりインスピレーションを受けたもので、展示作品は今展覧会に向けて作成された新作だ。詩的に昆虫たちを記述している古書籍とアーティストの描くペイントが奏でる空気は一見華やかであるが、どこか狂気を感じる。

 

アクリル絵の具を主に使用した派手な色彩の作品には、青年の姿をした昆虫がそれぞれ、物語を作り出している。アーティストが作品に登場させる物憂げで儚ない佇まい青年たちは、アーティストが「ファッグ・リンボー」と呼ぶ、少年期から大人へと移行する間のどっち付かずの危うげな状態である。元々象徴性や詩的比喩に満ちた作品を描くアーティストということもあり、作品からは、人間味が溢れていてビルドゥングスロマンにも通じるものを感じる。

 

また、版画技法のひとつであるトランスファー技法という、近年、公ではあまりみられない手法で制作された作品群にも注目したい。これらは、アーティスト自身の作風が19世紀のデカダン派、ナビ派から影響されているということもあり、ポール・ゴーギャンが発明した手法である。描かれている独特な曲線は不安定でナイーブでありながらも力強く生きる青年たちを物語っているようにみえる。

 

ペロタン東京では都内ギャラリーでは珍しく、壁が一面ガラス張りで構成されていて、オープンな環境で観賞を楽しむことができ、展覧会の表情が1日を通して変化するのも面白い。近年国際的に注目を集めるアーティストの作品を近い距離で鑑賞できるのも、ペロタン・ギャラリーならではの体験だと思った。

 

アーティストが今展覧会の展示作品群の中で生み出す、美しくも危険で、未熟でありながらも力強いキャラクター達から、鑑賞者である我々はどのような解釈を見出すべきなのだろうか。正解は恐らくないが、その文化的にまた歴史的に築き上げられた軸とフレキシブルなアイデアの前に、少なくとも自身の持つ創作活動に対しての考えの変化に気づくのではないだろうか。
表現活動を行うにあたって、歴史的な文脈に基づく知識を理解することが重要であり、新鮮なアイデアを生み出すことを、本展覧会では思想、手法も含め感じることができる。

 

 

 

■展覧会インフォメーション
Hernan Bas “Insects from Abroad”
ヘルナン・バス “異郷の昆虫たち”
会期:2018年1月18日(木)- 3月11日(日)
休館日: 月曜・日曜・祝祭日
開館時間:11時より19時まで
入館料:無料
会場:ペロタン東京
東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル1F
https://www.perrotin.com

 

 

 

 

 

February 13,2018

His is the only known species to mimic a ower, 2017   Acrylic and enamel on linen 152.4 x 121.9 cm / 5 x 4 ft   Photo:Kei Okano

His is the only known species to mimic a ower, 2017  Acrylic and enamel on linen 152.4 x 121.9 cm / 5 x 4 ft Photo:Kei Okano

Contrary to popular belief, most people who are bitten suffer no serious damage, 2017   Acrylic on linen 127 x 101.6 cm / 50 x 40 in   Photo:Kei Okano

Contrary to popular belief, most people who are bitten suffer no serious damage, 2017 Acrylic on linen 127 x 101.6 cm / 50 x 40 in Photo:Kei Okano

Photo:Kei Okano

Photo:Kei Okano

Photo:Kei Okano

Photo:Kei Okano