QUOTATION

アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』、主演シェルワン・ハジ interview

interview & text by Asako Tsurusaki

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

北欧の片隅でシンプルに生きる人たちの哀愁と優しさを、独特なユーモアで描くフィンランドの巨匠、アキ・カウリスマキ監督。アフリカ難民の少年とフランスの老人の交流を描いた『ル・アーブルの靴みがき』(2011)に続き、難民三部作の第二弾となる『希望のかなた』が公開されている。今回舞台となるのは、お馴染みフィンランドの首都ヘルシンキ。主人公のシリア人青年カーリドが故郷の戦火を逃れてこの街にたどり着くところから、この物語は始まる。彼は時折無愛想なフィンランド人たちの優しさに護られ、また同時に心ない暴力や無関心という壁に傷つけられる。アキはこの作品を通して、現代のフィンランド全体を覆う難民や外国人に対する”無知”がもたらす危機感に対して警鐘を鳴らしているのだという。
本作の中で、主人公が難民という余所者がこの地に溶け込むためのアドバイスとして「楽しそうに笑いながら、決して笑いすぎないこと」と教えられるシーンがある。これは難民の足元の脆さを表す絶妙なセリフであると共に、ぶっきらぼうだけれど暖かさを忘れないこの世界の登場人物たちを言い表す言葉でもある。今作主演を演じたシリア人俳優シェルワン・ハジもその一人。公開を控えて来日したハジ氏に、緊迫感と共にユーモアを感じさせるカウリスマキの世界でシリア難民という役を演じることについて話してもらった。

 

これまでもフィンランドで俳優として活動されてきましたが、アキ・カウリスマキ監督は本国でも特別な存在だったと思います。本作の脚本を読んだとき、一番最初に捉えた主人公カーリドの人物像はどんなものだったのでしょうか。

アキ・カウリスマキはある意味、フィンランドのブランドとも言える存在です。僕も彼の映画はもちろん、彼自身についてもシリアにいる頃から知っていました。アキの世界観や演技というものも勉強していましたし、今回の作品に臨んでカーリドという役柄や人物、世界観についても考察し、そして魅了されていきました。

最初に製作会社から映画出演の連絡を受けた時、僕は監督が誰だか全く聞かされていませんでした。難民のことがテーマになっているということだけ知らされていましたが、何か大きな映画の中のとても小さな役柄だと思っていました。それでいつも自分の情報を送り、挨拶だけ出来ればいいかなと思っていた程度でした。それからしばらくして、アキ・カウリスマキの作品だと知りました!アキほど特別で有名な映画監督と仕事をする機会なんて、なかなか簡単に与えられることはありません。そして脚本を読んで、よりこのチャンスの大きさを感じ始めました。脚本とはある意味、映画やキャラクターを保証してくれるスタンプのようなものです。僕はこの脚本を読んで、まるで文学を読んでいるような気持ちになりました。それは彼の登場人物の設定の提示方法が、全てのキャラクターを「同等に扱うこと」を大事にしているからだと思います。キャラクターに深みを持たせ、彼らがどうやってスクリーンに現れるかだけではなく、一人の人間としてどういう風に見られているかを考えているのです。脚本にはシリアの難民であるカーリドの特徴的なスタイルが提示されていました。それはもちろん僕にとってもパーソナルなトピックで、とても良く見知っている状況であり、とてもポジティブな感銘をうけました。そしてそのキャラクター設定はステレオタイプなシリア難民のイメージではなく、ひとりの人間の物語でもありました。他の登場人物たちもみんな人間として同じ物語に生きていました。彼らとカーリドはある理由によって同じ方向に結びつけられ、関係性を深め、そしてお互いを知ってゆくのです。それはとても大きなものでなく、人間的な繋がりという感覚でした。

 

アキ・カウリスマキ監督作品の特徴は、徹底したミニマリズムな演技です。しかし本作でのあなたの演技は、目の奥に秘めた”感情”の動きがとても印象的でした。特に妹の話をしている時やネオナチ集団にバス停で襲われてバスの中に逃げ切ったあとに見せる、やるせない表情などにそれを強く感じます。この感情の動きはこれまでのアキ・カウリスマキ作品ではあまり多く見られないものですが、監督から感情表現について、何か演技指導はあったのでしょうか。

キャラクターに”感情”を持たせることについて、アキと僕はお互いに話す必要もないものでした。でも演技をしないというお互いの協定もありました。彼は演技について、色んな指示で押さえつけることもありませんでしたし、むしろ指示を出し過ぎないことで、僕に”幅”を与えてくれたんです。そのおかげで、登場人物の役柄のために考えたり適切な判断を下すことが出来ました。それがこの映画にとってのキーになっていると思います。

演技というのは、とても繊細で壊れやすいスキルだと思います。いま悲しいからそう見えるように表現するとか、そういう単純なことではありません。ちゃんと熟練した技術があれば、悲しみや熱い気持ちを目で表現することが出来ますし、観客もスクリーンで感じることが出来ます。それは観客も含めて役者である自分たちは同じ人間であり、相手とコミュニケーションを取ることが出来るからなのです。何も言わなくても、何かを見せることが出来ます。それは、演技をしなくても出来ることなのです。例えばもし現実の中で怒りを覚えた時、感情的な表現をするわけではありません。ただ感じるだけなのです。

またもう一つ申し上げると、アキの確固とした特別で独自の世界観というものが存在しています。それは必ずしも「今日」を表しているわけではありません。ある意味、過去と現在のあいだをゆっくりと揺蕩うような世界観だと思います。この世界というのはクレイジーな場所です。何かが起きてしまった時、我々は水のような存在として、ある運命に導かれて流れていくのです。またもう一方で僕は、アキの世界とシリアの祖国を脱出した人間の架け橋になる必要があると思いました。僕は役者として、脚本がベースのメインソースとし、自分のパフォーマンスを形作ります。その時アキから与えられる指示はとても明瞭で、僕が彼世界観に飛び込むための助けになりました。ミニマルという前提で、全く疑う余地なく意味もはっきりしたものなのです。

 

この作品には、監督からのメッセージとして「世界を覆っている不寛容への憤り」があったと聞いています。そしてあなたの演技からは「故郷を離れた者(難民)の人間の強さ」を感じました。特に最後の朝日を見るシーンでは、アキ・カウリスマキ作品の中でも珍しい”笑顔”がみられ、世情に振り回されながらも世の憂いに押しつぶされない主人公の強さが伝わってきます。ここについて、どのような話し合いが行われたのでしょうか。

僕とアキは撮影の前に、”死”というものについて話し合っていました。そこで私は犬を出すことを提案しました。アキはそれについてしばらく考え、「いいね」と言ってくれました。それから当日の朝、現場で照明のセッティングが行われているところへ彼が現れたのを覚えています。アキは突然「このシーンを変更します」と言いました。アシスタントに本物の包帯を持って来させ、僕に街を見るように言い、そしてこう告げました。「これから友達が来ます。それは犬です。そこで笑顔も見せてください」。通常なら彼は、役者に笑えということは一切言わないタイプの人です。説明するのがとても難しいですが、僕にとってその瞬間は絵画や詩のように抽象的な感覚を覚えました。

 

アキ・カウリスマキはおおまかなストーリーを決めた後に俳優を決め、それに合わせて物語をさらに作り込むと聞いたことがあります。今回も同じくテーマと本筋をおおまかに決めてからあなたを起用し、それからカーリドの設定も細かく決めていったのではと想像しました。監督は今回、俳優としてのあなた自身のどんな特徴が反映していると思いますか。

アキと初めて会った時、彼は完成した脚本と一緒に自分の映画を何本か渡してきました。実は僕は既にその作品を見ていたので、受け取ったDVDはそのまま自分のコレクションに加わえちゃったんですけどね(笑)。演技について、アキから役立つ指示をいくつかもらいました。それから脚本をベースに、カーリドというキャラクターをどうやって作っていくか、頭の中で考えました。キャラクターの骨格のようなものですね。アキの頭の中でカーリドはどのように見えているのだろうか。ある特定のグリーンのジャケットを着ていて、炭が積まれた船の中から出て来て、でも周囲から自分がどう見えているかちゃんと意識している人物…。そのようにアキはカーリドについてある程度アイデアが決まっているようでした。そこに、”僕”という個人にどれだけベースを置いてくれているのかはわかりません。ただ一つだけ言われたのは、2ヶ月歩き続けた難民にしては、ちょっと綺麗に見えすぎるということでした。そこで僕は少し痩せなければと思い、ビールをやめ、結局3ヶ月弱で11キロから15キロ落とすことに成功しました。アキからは「それでもう十分だ」と言われたのでそこまでにしましたけど。

それからアキは、原稿の第1稿から何度か手を加えていきました。セットの現場に入ってから作られたシーンもあります。そのほうが、役者シェルワン・ハジとしての僕のパーソナリティからきたものだと思います。そのひとつは、僕が楽器を演奏するシーンです。これは最初、脚本には入っていないものでした。たまたまアキと僕が音楽について話していて、ふと楽器を弾くかと聞かれたんです。それで子供の頃からシリアの伝統楽器サズを弾いていたと答えました。その瞬間アキの目がパッと閃き、早速シーンの中に書き加えていました。でも現場に手持ちのサズが無かったので、僕が友達に電話してサズを借りました。弦が足りない壊れたものでしたが、それがかえって話に合っていると思い、それで演奏をしました。アキは僕に「5つの違う音楽を作って、そのまま弾いてくれ」と言いました。そこで僕はそのままセットで曲を書きました。タイトルは「月のない夜」という曲です。北の田舎の街の、埃っぽくてのない夏の夜を思い浮かべて作曲しました。

そういったディテイルが、この作品には他にもいくつかあります。例えばアキがカーリドの妹役の女優を探していると言うので、僕の妹を紹介し、実際に妹役として演じています。このように既にキャラクターの設定というのが決めて、細かいディテイルを僕から想起していったという可能性はありますね。

 

あなたがシリアからフィンランドへ渡った2010年は、まだ内戦が起こる前だったと思います。今回カーリドというキャラクターを演じるうえで、政治的背景など含めてどんな役作りのためのリサーチを行いましたか。

カーリドという役柄について考えることについては、自然なかたちで始まりました。もちろん僕は内戦が起きたタイミングにシリアにいたわけではないので、チャレンジではありました。でも敢えて多くのリサーチをするまでもなく、シリアで何が起こっているか、僕にはよく理解していたことでした。難民がどういうものを着てどんなものを食べるかとか、そういうことは僕にとって必要ではありませんでした。それよりもっと先の、もっと彼らの内面の世界を知りたかったのです。アキの作品においては、演技をしないということに気をつけながらもシリアの難民として信憑性のあるように見えるためには。僕自身がシリアの難民を正しく理解し、そして西洋の社会にとっても理解できるようなものにすることが必要でした。そこが主なリサーチのポイントだったと思います。

僕の友人にも、シリアからフィンランドにやってきた人たちがたくさんいます。撮影前、その友人の一人をビールに誘いました。そしてグラスを持ったまま彼の目をしばらくじっと見つめました。長い時間ではありませんでしたが、彼もずっと僕の目を見ていました。”その”旅をしてきた彼の目を見て、フィンランドにやってきた後の、彼の目の変化を感じ取ろうとしました。それはすなわち、”その”時の記憶なのです。それも僕にとってのリサーチだったのかもしれません。

 

主人公カーリドがネオナチのグループに襲われた時、「みんな俺たちをみたくない。厄介者だ」と言うセリフがとても印象的でした。

ああいう人たちは実際に存在しています。フィンランドだけでなくヨーロッパ全体、中東にもいます。いま中東に起きていることを見てみると、もっとひどいことも起きているのかもしれません。全てのストリートで日常的に出会うというわけではありませんが、確かに存在はしています。アキは、そういう不安感や恐怖を代弁して表現しているのだと思います。そういう存在に対して意識的に動く人間が誰もいなかったら、フィンランドはこの先どういう状況になってしまうのか。アキはそういうことを懸念して、現在のこの政治的な空気を映画の中で揶揄しているのだと思います。フィンランドはいま政党がどんどん極右化してきており、同様に中東でもそういう問題が起こっています。そこでは極右のキャンペーンスピーチが行われ、明らかな人種差別主義者たちがいます。そしてそのスピーチは難民に対してだけでなく、外国人の風貌をしている人やブロンドでない人たちにも向けられています。ひどい時は刺されたり絶命するような事件も起こっています。映画の中でネオナチたちがカーリドのことを「ユダヤ教の小僧」と言うセリフがあります。これは彼らの”無知”を表しており、”無知”がいかに人間を獣に変え得るものであるのか。そして何も受け入れようとせず、理解という行為を放棄する人たちが存在しているということを、アキは表現しているのです。難民だろうがどんな状況だろうが、彼らが経験していることに対して意識を持たなくてはいけないということを、アキはこのシーンで提示しています。この”無知”はフィンランドにおいて、非常に重要で危機的な状況です。フィンランドは難民に対して、とても寛容な国のひとつでした。でも現在は変わってきてしまいました。アキが見せたいのは、そういった明日や将来のリアリティなんだと思います。

 

映画のなかで描かれる隣人たちの人間的な善意やカーリドの笑顔からは、悲劇の温床となる「厭世」や「諦め」という感情が少しずつ消えてゆく、そんな奇跡を生む力を感じます。カーリドが象徴しているシリア難民たちは、映画のなかの未来ではこのあとどうなってゆくと思いますか。

それはアキに直接電話したほうがいいかな(笑)。カーリドが生きるこの世界は、最後のシーンで終わるとは思っていません。この映画は社会への提案だと思います。この世界をより良く生きる場所にするために、僕たちに出来ることが何かあるのではないか。お互いを刺し殺し合うのではなく、もっと違うことが出来るように。アキはいつも、シンプルに生きる普通の人たちを描いています。悲惨な状況で悲しみや絶望に打ちひしがれている人たちを描く時でさえも、アキは彼らに”人間性”というものを無くさせず、持たせ続け、彼らに変化をもたらそうとしているのです。

 

 

[カーリド:シェルワン・ハジ Sherwan Haji ]
1985年生まれ。2010年にシリアからフィンランドに渡る。2008年にダマスカスのHigher Institute of Dramatic Artsを卒業。いくつかのテレビシリーズに出演した後、2015年にイギリスのケンブリッジにあるアングリア・ラスキン大学芸術学部に進学し、翌年に博士号を取得した。2012年からは演技に加え、彼自身のプロダクションLion’s Lineでショートフィルムの脚本や監督、インスタレーションの制作も行っている。長編初主演となった『希望のかなた』でダブリン国際映画祭最優秀男優賞を受賞。劇中では伝統楽器サズの演奏も披露している。

 

 

『希望のかなた』
(原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN/英語題:THE OTHER SIDE OF HOPE)
2017年ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)受賞

監督・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン
2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜/カラー
配給:ユーロスペース

12月2日(土) 渋谷・ユーロスペース他にて 全国順次公開
http://kibou-film.com

 

 

 

 

 

December 16,2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

『希望のかなた』 © SPUTNIK OY, 2017

カーリド:シェルワン・ハジ

カーリド:シェルワン・ハジ