QUOTATION

MADSAKI個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」レポート

text, photo : daiki tajiri

Tooth Brush, 2017 2450 x 1800 mm ©2017 MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

東京・元麻布にあるギャラリーKaikaiKikiGalleryにて、5月19日(金)より6月15日(木)まで、MADSAKI個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」が開催されている。

 

大学で彫刻を学んだ後、国際的アーティスト集団Barnstormersの一員として活動、単独で制作を行う現在まで、様々な表現方法を使用し大胆にも繊細な作品を作り続けてきたMADSAKIの今回の個展は、自身の妻をテーマにした新しいシリーズの発表でもある。近年のMADSAKIの作品と素材や手法は似つつも今回の新作は、今までとは異なった作家自身のエモーショナルな背景が感じ取れる。

 

まず、展示スペースを一通り見渡すと特定された一人の女性が多くの作品に描かれていることに気づく。その女性こそMADSAKIの妻の姿なのだが、よく見ると、作品によってペイントの乗り方や色合いが異なっていることがわかる。淡いフィルターが掛かったように見えるもあれば、コントラストがはっきりと別れているものもある。それは必然的に絵の表情になっていて、作品群の多様な表情をみるとアーティストと被写体の間にあるプライベートな部分を感じる。

 

また、主にスプレーが使用されている新作は、歪なイメージがあるスプレーの飛沫や垂れが不思議と美しく見える。それはアーティスト自身の愛する人への感情がペイントに自然に盛り込まれているからではないだろうか。鑑賞している私たちはそれを見てアーティスト自身の持つ被写体へ対しての純粋無垢な部分を自然と理解する。

 

展示会場であるKaikaiKikiGalleryは開けたモダンなスペースと畳が敷かれた趣のあるスペース、2種類の空間が一つになっている、珍しいタイプのギャラリーだが、今回の展示はこのスペースとのバランスがうまく整っている。

 

コンクリートの床に高い天井のモダンなスペースには、見上げるほど大きな作品が堂々と展示されていて、それらは多くの日本要素を取り入れている。畳、着物、床の間などと被写体を一緒に描いた作品だ。あえて、同じ空気を感じ取れる畳が敷き詰められたスペースで展示していない。その代わり、対照的なまるでインスタグラムのセルフィーを連想させるような作品をはじめとした現代的な雰囲気の作品を日本風のスペースに集めている。こうすることによって、空間のバランスが整い一体感が際立つのだ。

 

展示スペースを上手く活用し、そこでまた新たなハーモニーが生まれる。この新鮮な感覚はKaikaiKikiGalleryとMADSAKIとの間でしか生まれることのないものではないだろうか。また、数は少ないが存在感のある2つ立体作品が各々イメージ通りの位置に展示されているのもセンスを感じられる。細かい黒色のタギングで埋め尽くされた家具と赤色のタギングで埋め尽くされた着物は、心地よく対照的だ。

 

パワフル、エネルギッシュでありながら、ピュアで曇りのない作品をここでは鑑賞することができる。アーティストの思考や考察を読み取ることのできる作品というものは多いが、今回の展示のような、アーティストの人間性、性格に作品を通して向き合えるような機会はなかなかない。この機会に是非体験してみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

■展覧会インフォメーション
MADSAKI個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」
会期:2017/05/19(金)〜 2017/06/07(木)
時間:11:00〜19:00 日曜、月曜、祝日休
場所:Kaikai Kiki Gallery
東京都港区元麻布 2-3-30 元麻布クレストビルB1
TEL:03-6823-6038
URL:http://gallery-kaikaikiki.com

 

 

■MADSAKI
1974年大阪生まれ
パーソンズ・スクール・オブ・デザイン ファインアート科卒業

個展
2016
「HICKORY DICKORY DOCK」Hidari Zingaro(東京)
「WANNABIE’S COLLECTION」CLEAR EDITION & GALLERY(東京)
2015
「WANABBIE’S」CLEAR EDITION & GALLERY(東京)
「Please Don’t Spit On The Painting」HVW8 Art + Design Gallery」
(ロサンゼルス)
2014
「Oodles of Doodles」CLEAR EDITION & GALLERY(東京)
2013
「Write Here, Write Now」CLEAR EDITION & GALLERY(東京)

 

 

 

 

 

June 13,2017