QUOTATION

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015 レポート

text : Asako Tsurusaki

©RTV COMERCIAL, Ernesto Daranas & Alejandro Perez 提供:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

2015年7月末、埼玉県は川口市にて「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015」が閉幕した。デジタルで撮影・制作された作品のみにフォーカスした本映画祭には、「デジタルシネマの普及により、撮影手段の軽量化や資金面の課題を抱えていた若い映像作家の撮影が可能になってきた」という国際審査委員長・堀越謙三氏の通り(記者会見の挨拶より)、今年も多くのチャンスをつかむことが出来た若き才能が世界中から集結し、色鮮やかな賑わいを見せていた。

 

そんな数多くの作品から長編部門(国際コンペティション)でみごと最優秀賞に輝いたのは、キューバのエルネスト・ダラナス・セラーノ監督より届いた『ビヘイビア』。首都ハバナで貧困や差別など過酷な環境下で暮らす少年少女たちと、彼らに寄り添い、周囲の大人達の「不寛容」から彼らを守ろうと立ち上がる年老いた女性教師との、深い信頼の絆を描いた社会派ドラマだ。

 

薬物中毒の母親と暮らす11歳の主人公の少年チャラは、闘犬の訓練で日々の生活費を稼いでいる。荒んだ環境下でやや暴力的な傾向があるチャラだが、そのなかにある優しさを認めて理解し護ろうとするベテランの教師カルメラ。しかしカルメラはある日病に倒れてしまい、若い代理教師がやってくる。彼女はチャラの行動を問題視し、問題児を集めた全寮制の学校に転校させてしまう…。

 

ここで描かれるチャラを初めとする子どもたちはみな、それぞれが抱えた事情によりで早く大人になることを強いられているように見える。しかしカルメラの前でだけは、彼らは子どものままでいられる。普段は反抗的で大人びた態度を取っている子ども達が、カルメラの前では素直に見せる、子供らしい笑顔や涙がとても印象的だ。そして子どもたちを囲む他の大人たちも、大ベテランのカルメラの強い信念と愛の前ではガチガチした大人の鎧を脱がざるを得ない。ここに登場するカルメラ以外の大人たちはみな一様に余裕がなく、この負の連鎖はやがて一番小さきもの、子ども達にしわ寄せが向けられてゆく。

 

大人びてはいるがやはり子どもであることの事実。そして大人がきちんと子どもを子ども扱いして叱り、導くことができる存在がもたらす安心感。そして早く大人にならざるを得ないような子どもたちの状況をきちんと受け止めることの大切さが、丁寧に描かれてゆく。願わくば、この主人公の少年達がを含めすべての子どもたちが、等しく守られた環境で学び、成長できる場を持てますように。そう祈らざるを得ない感動のラストは、圧巻の一言だ。

 

そんな生き生きとした映像描写のリアリティーが圧倒的に高い評価を得た監督は、自身も映画で描かれているような環境で育ったという。監督はグランプリ受賞を受けて、次のようなコメントを残している。

 

この瞬間を分かち合うことができて、非常に嬉しく思います。私は映画で描かれているような環境で育ちました。スタッフ、そして出演した子供たちにかわり、お礼を申し上げたいと思います。子供たちの多くは、演技経験もなく、映画で描かれた通りの人 生を送っており、彼らなくしてこの作品は成立することは、ありませんでした」。

 

教育費はすべて無料、教科書だけではなく学用品も無償で支給され、識字率は99.8%と、南米のなかでは比較的教育環境が決して悪くはないと言われるキューバだが、私たちはこの映画を通して、ニュースでは決して伝えることのできないキューバの子供達の姿を見ることができる。渇いた街で大人からの愛情を吸収しようとする子供達の姿を、監督はリアルに伝えることができる。そんな作品を紹介出来るのも、デジタルに特化したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭だからこそならではだろう。

 

そしてキューバの本作に続き、監督賞を受賞したのは同じく南米メキシコの『絶え間ない悲しみ』(監督:ホルヘ・ペレス・ソラーノ)。どうやら今年はラテンアメリカの当たり年でもあるようで、先日幕を閉じた山形国際ドキュメンタリー映画祭2015でもラテンアメリカを巡る特集プログラムが組まれ、チリ・南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督作品「真珠のボタン」が最優秀賞を受賞し、2015年〈ベルリン国際映画祭〉で銀熊賞脚本賞を受賞するなど、優れたラテンアメリカの映画が多く日本でも観る機会が増えてきている。

 

来年も映像を通して新しい世界を知ることができるような素晴らしい映画が多く発掘され、本映画祭にて紹介してもらえることを期待している。

 

 

 

『ビヘイビア』
2014 年/キューバ/108 分 監督:エルネスト・ダラナス・セラーノ
http://www.skipcity-dcf.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

October 16,2015

©RTV COMERCIAL, Ernesto Daranas & Alejandro Perez 提供:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

©RTV COMERCIAL, Ernesto Daranas & Alejandro Perez 提供:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局